« 高知県での学徒動員の記録 【高知市の高知師範学校 その一】 高知海軍航空隊の飛行場の拡張工事に駆り出されます。 | トップページ | 高知県での学徒動員の記録 【高知市の高知師範学校 その三】 愛媛県の住友金属四坂島精錬所へ動員されました。 »

2008年3月 1日 (土)

高知県での学徒動員の記録 【高知市の高知師範学校 その二】 兵庫県高砂町(荒井村か)の田熊汽罐(きかん)播磨工場に動員されました。

 一九四四年(昭和二十年)八月から高知師範学校学生の県外工場動員が始まります。
 まず男子部本科二年が兵庫県高砂町(荒井村か)の田熊汽罐(きかん)播磨工場に勤労動員されます。汽罐は、ボイラーのことです。
 出発は、八月二十日でした。
 楠瀬先生、浜田先生が付き添いました。
 午前十時、在留の教師たち、校友、近所の家族の「万歳」の声に送られて高知発。姫路で山陽電鉄に乗り換え、九時、尾上着。
 寮では一室に二人ずつ配置されました。
 工場では、輸送船用のボイラーをつくりました。
 十月十九日、高砂国民学校の児童も同工場に動員され、高知師範学校の学生班に配属されました。
 動員されていた竹内喜秋さんがメモを取っていました(『高知師範学校略史』。高知師範学校略史編集委員会)。
 十一月一日(水曜日) 「製造課長より十九号罐の完成は十八日と指示される。通常より五日間の短縮、無理と思えど誰も反論せず。旧友直ちに作業計画を話し合う。」
 十一月五日(日曜日) 「更けゆく幡陽組立工場に灯のともるは、徹夜作業に取り組む高知師範学徒のみ。冷たい浜風は囲いなき工場内に吹き荒れる。交代でする予定の仮眠もできない。みんな緊張と疲労をまぎらせていた西込・尾野君の愉快な会話も途切れるころ、東の空はしせじらとしてきた。」
 十一月十八日(土曜日)午前八時、十九号罐が予定どおり完成。発煙検査に合格しました。
 十二月二日(土曜日) 「一昨日五号室にてシラミ発見、B29と呼ぶ。」
 十二月三十日(土曜日) 「組立部品不足して作業進まず、手待ち時間多し。正午にて業中止。食堂にて学徒のみで終業式を行う。」
 動員されていた山崎哲男さん(一九四五年卒業)が、のちに、当時の様子を書いています(『高知師範学校略史』。高知師範学校略史編集委員会)。
 「……できあがった製品は殆(ほと)んど出荷されることがなく、海に面した浜工場に野積みされ、雨ざらしになっていた。そのうち、鉄板等の材料が不足し始め、工場に通ってもやる仕事がなく、ボイラーの中にはいって一日中ごろ寝するようなことが多くなった。戦争に負けるということは意地でも考えたくはなかったが、このようすでは勝てる見込みはないと思うようになった。
 二十年四月になって、同級生に次々と召集令状が舞い込むようになった。四月から五月にかけて、田熊汽罐で働いていた同学年の大部分の人たちが、入隊して行った。六月になって、残り少なくなった高知師範生徒に対して学徒動員令が解除され、私たちは高知に帰った。しばらくの骨休めのため、六月二十三日まで休暇ということで、みんな自宅に帰った。」

|

« 高知県での学徒動員の記録 【高知市の高知師範学校 その一】 高知海軍航空隊の飛行場の拡張工事に駆り出されます。 | トップページ | 高知県での学徒動員の記録 【高知市の高知師範学校 その三】 愛媛県の住友金属四坂島精錬所へ動員されました。 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/40323173

この記事へのトラックバック一覧です: 高知県での学徒動員の記録 【高知市の高知師範学校 その二】 兵庫県高砂町(荒井村か)の田熊汽罐(きかん)播磨工場に動員されました。:

« 高知県での学徒動員の記録 【高知市の高知師範学校 その一】 高知海軍航空隊の飛行場の拡張工事に駆り出されます。 | トップページ | 高知県での学徒動員の記録 【高知市の高知師範学校 その三】 愛媛県の住友金属四坂島精錬所へ動員されました。 »