« 阪神・淡路大震災十年 | トップページ | 「うわーっ、ノッポ」 »

2005.01.19

僕の生活の短歌(うた)

 二〇〇五年一月十八日。
 朝日新聞が、自社の自民党政治家のNHK番組への介入の記事の正確さを擁護する特集。
 夜十一時九分ころ、北海道東部で震度5強の地震。
 妻は、明日から長野県真田町の菅平(すがだいら)高原スキー場へ。二泊三日。ただし、仕事です。
 前夜から背中が痛い!!

 早朝に ラジオをつけて 出る準備
 妻よ、やめよ
 僕は夜型
 
 通勤の バスのCM 駄洒落つき
 毎日同じで
 もう、うんざりだ

 「えい、おう」と 心の中で ほっぺたを
 たたいて向かう
 仕事の山に

 「夕食を 買ってこようか?」
 ケータイに
 握り飯など 頼んでいるよ

 息子らの 式の準備は 順調か
 実行委員会
 「できた」のうわさ

 仕事終え
 背中のズキズキ 思い出す
 痛み抑えた 集中の妙

 「こんどこそ!」
 何十回目の 決心し
 英会話の本 買い込んでいる

 雪の地へ 明日いくという
 わが妻は
 電話番号 手帳に残す

|

« 阪神・淡路大震災十年 | トップページ | 「うわーっ、ノッポ」 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/2620429

この記事へのトラックバック一覧です: 僕の生活の短歌(うた):

« 阪神・淡路大震災十年 | トップページ | 「うわーっ、ノッポ」 »