« カンギクの輝く黄色の暖かさ | トップページ | 「ベトナムの妖精」に会いたい »

2005.01.13

三世代ツアー 小石川植物園、上野動物園

 やっと、やっと二〇〇五年一月五日から正月休みです。

 この日午前から国立大学法人東京大学大学院理学系研究科附属植物園にいきました。東京都文京区白山の小石川植物園のことです。
 メンバーは、弟、妻、娘、娘の二人の娘の計六人です。

 入口の左手に美しい花が咲いていました。
 シロヤブツバキでした。
 楚々とした美しい花です。

 そして、カンザクラ。
 メジロが二羽きていました。
 この近くでシーツを敷いて昼食。
 四歳五カ月のエミは、わが弟と走り回り、九カ月のユリは地べたに座り込んでわいわいやっていました。

 下の池のほうにいったら梅園がありました。
 もう咲き始めていました。

 帰ろうとしていたら弟が「あそこに写真を撮っている人がいるから花があるにちがいない」。
 正門の右手です。
 いってみるとソシンロウバイでした。

 遊ぶことについては疲れを見せないわが集団。続いて、上野動物園にいきました。
 
 ペンギンの つばさのワッカ 悲しいね
 水中ジャンプは
 野生のようだが

 この動物園のペンギンの片一方の翼には「認識票」のようなワッカがついていました。
 なんだか、悲しくなりました。

 この日、孫たちと付き合って発見がありました。
 四歳のエミは、ずいぶん精神的に成長して「母や妹への思いやり」とか、「恥ずかしい」とか、「プライド」とか、いろんなことかわかるようになっているということです。
 すごいぞ、エミ!!!!

|

« カンギクの輝く黄色の暖かさ | トップページ | 「ベトナムの妖精」に会いたい »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/2563503

この記事へのトラックバック一覧です: 三世代ツアー 小石川植物園、上野動物園:

« カンギクの輝く黄色の暖かさ | トップページ | 「ベトナムの妖精」に会いたい »