« 妻の寝顔は健康そのもの | トップページ | すごかったですね、サッカー。 »

2005.02.09

テレビ映像の危うさ 国立競技場で感じたこと

200502_067

 二〇〇五年二月九日夜、なぜか国立競技場にきています。
 大型ビジョンでサッカー、日本対北朝鮮の中継をするというのです。
 客席は、もともと半分以下しか使っていません。
 客は、その三分の二も入っていません。
 ところが、先ほど、午後六時半ころでしたでしょうか、テレビ朝日で放映された、この会場の映像は、いっぱいの熱気。
 アナウンサーの指揮のもと何回も応援の予行練習をしたうえでのことなんですが……。
 見た人の多くは、いっぱいつめかけていて、盛り上がっていると思ったことでしょう。
 危ういね。テレビの映像。
 この写真は午後7時過ぎのものです。

 それはそうと、もう試合が始まります。
 楽しみです。わくわくしています。

|

« 妻の寝顔は健康そのもの | トップページ | すごかったですね、サッカー。 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/2863548

この記事へのトラックバック一覧です: テレビ映像の危うさ 国立競技場で感じたこと:

« 妻の寝顔は健康そのもの | トップページ | すごかったですね、サッカー。 »