« 禁止されたハングルで詩を書いたユン・ドンジュの「死ぬ日まで空を仰いで」の志(こころざし)。 | トップページ | ミモザの一面の黄色。 »

2005.02.27

東京都小金井市貫井南町、二万二千歩の旅。

 二〇〇五年二月二十七日。
 休み。
 午前十時半から午後三時まで東京都小金井市貫井南町を歩き回りました。
 おかげで万歩計は二万二千を突破しました。

 暮らしの中を野川が流れています。
 澄んだ水です。

20050227_006

 川の中にシラサギが一羽いました。
 パーッと飛び立った時の美しい姿…。これを正面から撮ってみたいのですがうまくいきません。
 カルガモが二羽、水中から飛び立って、橋を超えて向こう側の水中に着地しました。
 これもカメラが間に合いませんでした。

 庚申塔(こうしんとう)とか、江戸時代のものが残っているまちでした。
 写真の石像には「正徳」と彫ってあります。

20050227_034

 つぎの写真が庚申塔です。

20050227_048

_20050227_044

 「くらぼね坂」を上り下りしました。
 急な坂で、寒い日だというのに汗が出ました。

 「歩き回ってご苦労さん」と自分にごほうび。
 わが家の近くの花屋でサイネリアの鉢を買いました。六百円也。

20050227_059

|

« 禁止されたハングルで詩を書いたユン・ドンジュの「死ぬ日まで空を仰いで」の志(こころざし)。 | トップページ | ミモザの一面の黄色。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/3100968

この記事へのトラックバック一覧です: 東京都小金井市貫井南町、二万二千歩の旅。:

« 禁止されたハングルで詩を書いたユン・ドンジュの「死ぬ日まで空を仰いで」の志(こころざし)。 | トップページ | ミモザの一面の黄色。 »