« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

2005年3月

2005.03.13

ミモザの一面の黄色。

 二〇〇五年三月十一日。
 近所の家の庭でミモザが満開になっているのに気づきました。
 一面の黄色。
 一面の黄色。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小金井市役所の駐車場のツバキの花

20050313_015

 二〇〇五年三月十三日。
 午後から夕方まで東京都小金井市ウオーキング。
 おかげで二万歩を超えました。
 小金井市役所の駐車場のツバキの木の花が奇麗に咲いていました。
 つぼみがたくさんあって、まだしばらく楽しめそうです。
 排気ガスの中、美しく咲き誇るツバキの花たち。
 感激。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京都小金井市の「湧水(ゆうすい)の道」

20050313_033

 二〇〇五年三月十三日。つづき。
 東京都小金井市貫井南町四丁目の野川沿いにさしかかると「湧水(ゆうすい)の道」がありました。
 小川がさらさら流れていました。
 いい感じです。
 以前にはみかけませんでした。
 いつ整備されたのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.16

東京都府中市に映画館がやってくる。【再録】

 二〇〇五年三月五日、ビッグニュースに気づきました。
 東京都府中市に三月十七日、映画館ができるというのです。 
 京王線府中駅南口、府中市宮町一の五〇の「くるる」5Fの「TOHOシネマズ 府中」(TOHOシネマズ株式会社)。
 九スクリーン、約二千百席のシネマコンプレックスです。
 これまで、この近辺では、映画を見るとなると立川駅前か吉祥寺駅前、新宿駅前に出かけるという感じでした。
 近くで映画を見ることができるというのは感激です。
 「上映作品は9つのスクリーンを活かして、話題の超大作からここでしか見られないアート系の作品やTOHOシネマズ系作品まで幅広いジャンルをご用意し、これまでにないホスピタリティを持ったスタッフがお客様をお迎えいたします」というのがTOHOシネマズ株式会社の宣伝文句です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「屋上温室」のシャクナゲの花。

20050316_089

 二〇〇五年三月十六日。
 泊まり明けの午後、東京都国分寺市のJR国分寺駅の丸井デパート屋上に花見にいきました。
 ここは食堂街ですが、中央に植物も植えられています。
 暖房のため温室状態です。
 シャクナゲの花が一つだけ咲いていました。
 ツツジ科ツツジ属の常緑低木です。五月ごろ咲くのですが……。
 でも、なんだか、ものすごく得した気分になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京都立井の頭自然文化園の「花吹雪」。

20050316_054

 東京都三多摩の都立井の頭自然文化園に北村西望の作品を展示しています。
 この写真は、「花吹雪」という作品です。
 この写真を撮った日は、土砂降りでしたが、いつか、花吹雪の中で、この彫刻を撮ってみたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.17

エミ(四歳)とユリ(一歳)。

20050317_164

20050317_172

 二〇〇五年三月十七日。休み。
 午後から娘と二人の孫娘に会いに行きました。三カ月ぶりでしょうか。

 ● エミ 四歳 ●

 ☆ひらがなの文章を読めるようになっています。
 しかし、助詞の「は」を「わ」と読めず「は」と読んでいます。
 カタカナは、まだです。

 ☆お気に入りのテレビ番組は日曜日午前八時半からのテレビ朝日の「プリキュアマックスハート」。
 番組のホームページによると、こんな番組です。
 <新学期。美墨なぎさと雪城ほのかもいよいよベローネ 学院女子中等部の最上級生。
 メップルとミップル、ポルンは眠りにつき、ふたりは 普通の女の子として、部活や勉強に大忙しの学校生活 を送っていた。
 そのころ「光の園」では、ジャアクキングとの戦いで 傷ついたクイーンが分裂し、どこかへ消え去ってしま った。時を同じくして、撃退されたはずの邪悪な闇の力「ザケンナー」がなぎさとほのかを襲う!
 バージョンアップした「コミューン」にハートのカードを差し込むと、再びふたりはプリキュアに変身!しかも前より断然パワーアップしてる!?
 記憶を失い、姿形も変わってしまったクイーンを元に戻すため、なぎさとほのか、パワーアッ プして目覚めたメップルやミップル、ポルンたちが、不思議な少女・九条ひかりと共に、未来 を信じて、今、立ち上がる!!
 はたしてプリキュアはクイーンを元の姿にもどすことができるのか!?>
 エミはテレビの前で変身の格好をして乗りのり。

 ☆僕が帰るときには「遊んでくれてありがとう」「楽しかったね」。

 ● ユリ 前日一歳になりました ●

 ☆瞬間的に立つことができます。
 まだ、歩くことはできません。

 ☆以前は人見知りしていましたが、今回はなついてくれました。

 ● 発見 ●

 「高知のおばあちゃん」(正確には、ひーおばあちゃん)からの女の子の人形が増えていました。
 どれも目がぱっちり、横にすると目を閉じるものです。
 写真の人形は、中国製でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.19

開店前のパチンコ屋前の青年の群れ。

 何ごとか 開店前の パチンコ屋
 青年ばかりが
 群れている朝

 二〇〇五年三月十八日午前。
 出勤途上の国分寺駅駅南口近くで見たシーンです。
 開店前のパチンコ屋前といえば、群れているのは、おじさん、おばさんが中心というのが数年前のシーン。
 このごろは、いたるところで青年が群れているというシーンが見られるそうです。
 ど、どうなってるんだ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロックのCDをかけて出勤準備しています。

 ロックかけ 出勤準備しています
 「さぁ、泊まりだよ」
 気張っていこう

 二〇〇五年三月十九日午後。
 庭のアンズが赤いつぼみをつけているのを発見。
 動かなくなっていた二五〇CCのオートバイを、やっと直しました。
 OKです。
 桜の花が咲くころから、またツーリングを始めようと思っています。
 オッシ!!
 ロックのCDをかけて気合を入れながら出勤の準備。きょうは泊まり勤務です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.20

赤松のハートの形の傷が語りかけること

20050320_036

二〇〇五年三月二十日午後。
 東京都武蔵野市の東京都立井の頭自然文化園で見た赤松の傷です。
 同じようなハートの形の傷のある赤松が計三本あります。
 なんでしょうか。
 教えてもらって、「これがそうなのか!!」。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

口開けて寝ている妻のかわいさ。

 口開けて 寝ている妻の かわいさよ
 憎まれ口も
 忘れてしまう

 二〇〇五年三月二十日夜。
 妻は、このところ猛烈に忙しいせいか、機嫌が悪い。
 僕と話しているときは、「しかりとばしている」といった口調です。
 「罪のないヒツジをうつな」と、抗議すると「外では怒れないでしょう。あなただからいえるのよ」。
 まったく迷惑なやつだ。
 出会ったころ、というのは妻が十八歳のときですが、そのころの楚々とした純な感じはどこへいったのでしょうか……。
 何てえのは、のぞむほうが無理だとは思いますが。
 なんせ、もう五十七歳なのですから。
 でも、寝ているときは、いい感じ。
 僕はといえば、かたわらで、妻の安らかな寝顔を見ながら、パソコンに向かって遊んでいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.21

驚異の二万七千歩

 二〇〇五年三月二十一日。
 午前中から夕方まで「小金井市ウオーキング」。
 おかげで、きょうは二万七千歩を超えました。
 二月からは最高です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.24

アネモネ・シルベストリスの美

 街中(まちなか)の
 喧騒(けんそう)なんぞ ものとせず
 花屋の店先 アネモネ、静か

 二〇〇五年三月二十三日。
 泊まり明けの午後、職場の近くのスーパーの花屋に、白い美しい花の鉢が置いてあるのを見つけました。
 長い花茎の先端に、一つだけ白い花が咲いています。
 数センチの白色の弁が五つの花です。
 雨に濡れながら、魅入られてたたずみました。
 
 家に帰って調べました。
 アネモネ・シルベストリスと書いてありました。
 キンポウゲ科、アネモネ属の多年草です。
 花には花弁はなくて、花弁のように見える部分は萼片(がくへん)だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

満開のミモザ、青空に映えて

20050324_016

 二〇〇五年三月二十四日。
 午後、仕事先の東京都練馬区上石神井台二丁目で満開のミモザを見ました(写真)。
 青空に映えていい感じでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.25

東京都小金井市の野川沿いの桜

20030325_113

 二〇〇五年三月二十五日。
 午前中から夕方まで「東京都小金井市ウオーキング」。
 この日、二万八千歩を超えました。

 歩いていて、季節は、いっきに「桜」に向かっていることを実感しました。
 写真は、野川沿いの前原町三丁目で見た桜です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハクモクレンに胸きゅん

20030325_154


 突然に 「私、ここよ!」と 声上げて
 ハクモクレンは
 姿現す

 二〇〇五年三月二十五日。
 東京都小金井市を歩いたら、あちこちにハクモクレンが咲いていました。
 見るものの胸が「きゅん」となるような美しい花ですね。
 写真は、前原町五丁目で見たハクモクレンです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラッパズイセンの「綺麗でしょ」

20030325_068

 二〇〇五年三月二十五日。
 写真は、東京都小金井市貫井南四丁目で見たラッパズイセンです。
 「綺麗でしょ」と、アピールしていました。
 ラッパズイセンは、ヒガンバナ科スイセン属です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「区立桜中学校」の卒業式。

 二〇〇五年三月二十五日夜。
 TBSテレビのドラマ「3年B組金八先生」の桜中学校の卒業式シーンを見てウルウルしました。

 卒業証書を渡す女性の校長 「桜中学校は、楽しかったですか?」
 女生徒 「楽しかったです」

 現実の中学校が、そんなふうであってほしいと思いました。

 卒業生代表の男子生徒の言葉も、いいせりふがいっぱいでした。
 「…みんなが仲間だと思えた」
 「もっと自分の気持ちをうまく伝えられたら…」
 「お前らのこと、いのちかけて守ってくれる先生がいるからなぁ」
 など。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

孫娘から電話を受けている妻。

 四歳の 孫の電話を 受けていて
 妻のしゃべりが
 でれっとなってる

 二〇〇五年三月二十五日夜の観察です。
 僕には、ぴしぱしとしゃべる妻なのですが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.26

ハシェミアン選手の「ヘリコプター」

 二〇〇五年三月二十五日夜中から二十六日にかけて。
 サッカーワールドカップアジア最終予選の日本、イラン戦。
 イランでの試合。
 ハシェミアン選手がゴール。
 前半は〇、一でイランのリード。
 後半、福西選手が同点ゴール。
 すごい。みごと。
 ハシェミアン選手がゴール。
 大黒選手が入ります。
 しかし…。
 ホイッスル。

 「ヘリコプター」の名を持つストライカー、ハシェミアン選手は、シャープでした。

 次は、三十日夜七時、バーレーンと。埼玉スタジアムです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.28

大砲の弾丸もあった散歩道 東大和駅前から小平市小川

20050327_065

20050327_077

20050327_185

 二〇〇五年三月二十七日。
 休み。と、いいながら仕事になりました。しかし、休みなので、少し楽しみました。

 ● まず東京都の東大和市へ。
 西武線の東大和市駅近くの東京都薬用植物園の温室で、キョウオウの花に出合いました。(写真)
 キョウオウは、ショウガ科ウコン属の多年草。別名は、ハルウコン。熱帯アジア原産で、インドでは自生しているとのこと。

 ● そして、歩いて小平市小川に。
 小川用水が流れています。(写真)。
 小川用水は、小川村の開拓のため玉川上水から分水したものです。
 玉川上水が完成して四年後の一六五七年に完成しています。

 ● 小川町一の二五七三の小平神明宮にいきました。
 入ってすぐの右手に大きな「戦捷紀念碑」。その右手に大きな大砲の弾が置かれています。碑には「希典書」。
 日露戦争の記念碑で書は乃木希典(のぎ・まれすけ)だそうです。
 乃木希典は、一八四九年十一月十一日ー一九一二年九月十三日。
 明治天皇の侵略戦争の先頭にたった人です。
 日清戦争で旅団長になり、戦後、台湾総督。
 日露戦争が始まると第三軍司令官として旅順攻撃をしました。

 午前零時前、小金井市から楽しい便りがありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.29

「英語でしゃべらナイト」

 英語など しゃべるつもりは ないくせに
 「しゃべらナイト」を
 見続ける妻

 二〇〇五年三月二十八日夜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

庭のアンズが満開です。

 二〇〇五年三月二十九日。
 庭のアンズが満開になりました。
 数年前に高知県いの町(ちょう)の弟が植えていったものです。
 今年の夏、強風で倒れましたが、また根付きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.30

「政治は……幸福になるためにあるんだ。」

 「政治は、みんなでささえあい、助けあい、いっしょに幸福になるためにあるんだ。」
 二〇〇五年三月二十九日にJRの車内で見た総務省・財団法人明るい選挙推進協会の「じぶんの一票が、誰かを幸福にする」という吊り広告のフレーズです。
 いいフレーズですね。
 この前には、こんなフレーズがありました。
 「政治は、人を救ったり守ったりしている。家族のためにがんばる人を、手助けする制度がある。安心して働くために、たいせつな法律がある。」
 総務省さん、ここは現政権のことだとしたら、美化しすぎではないでしょうか。
 実際は、つぎのようなことではないでしょうか。
 「政治は、人を救ったり守ったりすべきだ。家族のためにがんばる人を、手助けする制度をつくるべきだ。安心して働くために、たいせつな法律をつくるべきだ。」 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サッカーワールドカップアジア地区最終予選の日本、バーレーン

 二〇〇五年三月三十日夜。
 サッカーワールドカップアジア地区最終予選の日本、バーレーンの試合開始までもう少し。テレビの前で緊張しています。
 埼玉スタジアムにいけなくて残念。

 バーレーン王国は、面積は奄美大島とほぼ同じ、人口約六十七万人。
 民族は、アラブ人。言語は、アラビア語。宗教は、イスラム教(スンニ派約三割、シーア派約七割)。
 一九七一年八月、イギリスから独立。中東の石油産油国。アルコールOK。女性も顔を隠す必要はない。
 テレビ朝日は、日本は絶対に勝てると叫んでいます。ちょいと主観的な奇妙なキャンペーンです。
 さて……。
 あなどるなかれ。

 テレビ朝日は、まだ「絶対に負けられないたたかいがここにはある」「日本は勝利あるのみ」「二位に入ります。間違いないです」式のキャンペーンをやっています。
 つまらないことををいわず、ひたすら選手たちの映像を見せてほしい。
 森山良子さんが「君が代」独唱とは。なんなの。

 さて、日本、バーレーン。キックオフ。
 中田英寿(ひでとし)選手のシュートならず。
 バーレーン強い。
 0、0のまま後半へ。

 結果は誰も予測できない。
 だから、面白い。

 後半戦、開始。
 日本、いいシュート。
 しかし、…。
 いやー、しかし、本当にサッカーは格闘技ですねー。
 バーレーンの選手が、バーレーンのゴールに打ち込んでしまいました。
 日本、1。
 0、1。
 試合終了。日本勝利。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.31

コブシの花たち青空に舞う

 すいーっと ひきよせられて あおぎみる
 コブシの花たち
 青空に舞う

 二〇〇五年三月三十一日午前。
 東京都国分寺市の東元町三丁目交差点の近くの民家のコブシの花のことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »