« 驚異の二万七千歩 | トップページ | 満開のミモザ、青空に映えて »

2005.03.24

アネモネ・シルベストリスの美

 街中(まちなか)の
 喧騒(けんそう)なんぞ ものとせず
 花屋の店先 アネモネ、静か

 二〇〇五年三月二十三日。
 泊まり明けの午後、職場の近くのスーパーの花屋に、白い美しい花の鉢が置いてあるのを見つけました。
 長い花茎の先端に、一つだけ白い花が咲いています。
 数センチの白色の弁が五つの花です。
 雨に濡れながら、魅入られてたたずみました。
 
 家に帰って調べました。
 アネモネ・シルベストリスと書いてありました。
 キンポウゲ科、アネモネ属の多年草です。
 花には花弁はなくて、花弁のように見える部分は萼片(がくへん)だそうです。

|

« 驚異の二万七千歩 | トップページ | 満開のミモザ、青空に映えて »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/3426087

この記事へのトラックバック一覧です: アネモネ・シルベストリスの美:

« 驚異の二万七千歩 | トップページ | 満開のミモザ、青空に映えて »