« ムラサキハナナとナノハナ | トップページ | 加賀乙彦さんの長編小説『永遠の都』 »

2005.04.20

ご近所の群れ咲くナノハナ、目に焼いて…

 ご近所の 群れ咲くナノハナ
 目に焼いて
 「よっし、出発」 出勤の道

 二〇〇五年四月十九日午前のことです。

|

« ムラサキハナナとナノハナ | トップページ | 加賀乙彦さんの長編小説『永遠の都』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/3774437

この記事へのトラックバック一覧です: ご近所の群れ咲くナノハナ、目に焼いて…:

« ムラサキハナナとナノハナ | トップページ | 加賀乙彦さんの長編小説『永遠の都』 »