« 加賀乙彦さんの長編小説『永遠の都』 | トップページ | ヒメリンゴの微笑み »

2005.04.21

僕の「うそぶきの短歌」

 二〇〇五年四月二十一日のつぶやきです。

 妻に「ケチョンケチョンに」いわれたときなどに僕がつぶやく短歌は、「白鳥は かなしからずや 空の青 海の青にも 染まりただよふ」です。
 妻は「あんたは、その短歌が好きやねー」といいますが、彼女は、これが、若山牧水の原作と一字だけ違うのに気がついていないようです。
 原作は「白鳥は かなしからずや 空の青 海の青にも 染まずただよふ」です。

|

« 加賀乙彦さんの長編小説『永遠の都』 | トップページ | ヒメリンゴの微笑み »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/3799090

この記事へのトラックバック一覧です: 僕の「うそぶきの短歌」:

« 加賀乙彦さんの長編小説『永遠の都』 | トップページ | ヒメリンゴの微笑み »