« ハイビスカスは雨を得て輝く。 | トップページ | ジョン万次郎の直筆 »

2005.06.01

花づくり禁止の続き

 二〇〇五年五月三十一日、戦争中の花栽培禁止令のことを友人に話したら、『草の根の反戦・抵抗の歴史に学ぶ』(歴史教育者協議会編、平和文化)を見せてくれました。
 愛沢伸雄さんの「花を守った人びと」が載っていました。 

 <1941(昭和16)年、戦争の勃発とその後の戦勝で花の需要は増え、(房総半島南端の千葉県)安房の花栽培は景気がよく、作付けは450ヘクタール、出荷は40万俵、組合数も20組合になった。当時は金せん花やストック、寒菊などが多く作付けされていた。
 しかし、戦況が変わると食糧物資が乏しくなり、食糧生産が農政の第一目標になった。農家には農産物の作付け割当てが強制され、なかでも千葉県と長野県では花卉(かき)が禁止作物に指定されたため、花栽培農家は壊滅的な打撃をうけることになる。
 ところで、1938 (昭和13)年の「国家総動員法」第1条の「戦時に際し、国防目的達成の為国の全力を最も有効に発揮せしむる様、人的及び物的資源を統制する」を受け、まず41年の「臨時農地管理令」によって、地方長官は必要なときに「農作物の種類その他の事項を指定して作付けを命ずることができる」と、花栽培を制約した。そして、42年の「農業生産統制令」では「地区内に於いて生産されるべき農作物の種類、数量または作付面積……に関して生産計画をたて、地方長官に届け」ることとし、結局花栽培を禁止した。いわゆる「花禁止令」は「食糧管理統制令」の一環として発令され、軍需物資と食糧増産が政策の第一におかれ、不要の作物とされた花の作付けは禁止されたのであった。他府県では種菌程度のものは残させたものの、とくに千葉県や長野県では徹底的に抜き収りが強制されたという。
 こうして、アジア太平洋戦争の激化のなか、食糧増産のかけ声のもとで花栽培農家に圧力をかけ、一切の花作りを消し去ることになる。……>

|

« ハイビスカスは雨を得て輝く。 | トップページ | ジョン万次郎の直筆 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。大門高子です。尋子さんもお元気ですか。館山のウミホタルのことや花禁止令のことを〔組曲にしました)検索していて出会いました。花と平和のかかわりには相変わらずアンテナを張っています。近いうちに「やくそくのどんぐり」という韓国ヒバクシャの絵本が出ることになっています。読んでみてくださいね。
高知に帰っていらっしゃるのですね。いつも歌集もありがとうございます。お互いに元気でがんばりましょう。

投稿: むらさき花だいこん | 2009.09.22 18:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/4362307

この記事へのトラックバック一覧です: 花づくり禁止の続き:

« ハイビスカスは雨を得て輝く。 | トップページ | ジョン万次郎の直筆 »