« 感激しました。沖縄県の小学六年生の男の子の詩。 | トップページ | 「降るのよ蛍が」のシーン »

2005.06.28

上原凜君の詩「平和な今」

 上原凜君の詩の全文を「さーやん」が教えてくれました。
 ありがとうございました。
 元は「琉球新報」のホームページといいます。


   平和な今     上原 凜

 ぼくは戦争を知らない
 戦争は人の命をうばい
 すべてのものをうばうという
 そんな戦争が今でもどこかで続いている
 どうして?

 ぼくは戦争を知らない
 戦争は家族をバラバラにし
 人の心をメチャクチャにするという
 そんなバカな事がいつまでもやめられない
 どうして?

 ぼくは戦争を知らない
 美しい山や自然が戦争でこわされ
 明るくおだやかな生活が
 戦争でなくなっていくという
 そんな悲しいことが ずっと 終わらない
 どうして?

 ぼくは戦争はいやだ
 友達といっしょに笑い
 家族と共に食事をする
 そんなふつうなことが
 いつまでも続いてほしい

 ぼくは戦争はいやだ
 げっとうの花がさき
 青い海で元気に泳ぐ
 そんなことが
 ずっと続いてほしい

 ぼくは戦争はいやだ
 学校で授業を受け
 たん生日をみんなで祝うそんなあたりまえのことが
 なくなってほしくない

 今ぼくにできること
 仲間を大切に思うこと
 仲間と協力し合うこと
 そして
 いやだと思うことは
 はっきりNOといえること

 今ぼくにできること
 戦争がいやだといえること
 戦争のこわさを伝えていくこと
 そして
 みんなで平和を願うこと

 ぼくは戦争を知らない
 でも ぼくは戦争はいやだ
 今ぼくにできること
 毎日を大切に生きること
 人の痛みを感じること
 平和な今に感謝すること

|

« 感激しました。沖縄県の小学六年生の男の子の詩。 | トップページ | 「降るのよ蛍が」のシーン »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/4749572

この記事へのトラックバック一覧です: 上原凜君の詩「平和な今」:

« 感激しました。沖縄県の小学六年生の男の子の詩。 | トップページ | 「降るのよ蛍が」のシーン »