« 四国、よいとこ 30 雨粒をたたえたピンクのフヨウ | トップページ | 四国、よいとこ 32 高知市の寺田寅彦記念館の白いマンジュシャゲ »

2005.09.13

四国、よいとこ 31 子規は日清戦争の従軍記者だったんだね。

 二〇〇五年九月十三日。

 早朝から愛媛県へ。
 まず松山市。
 駅前の正岡子規の碑の説明を読むと、彼は、明治天皇の侵略戦争、日清戦争の従軍記者だったんだね。
 一八九五年、新聞「日本」の記者だった彼は、従軍記者として遼東(りょうとう)半島におもむいています。
 どんな記事を書いたことやら……。

 松山市から大洲市(おおずし)へ。
 松山市に帰って、駅前のビジネスホテルへ。

|

« 四国、よいとこ 30 雨粒をたたえたピンクのフヨウ | トップページ | 四国、よいとこ 32 高知市の寺田寅彦記念館の白いマンジュシャゲ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/5931057

この記事へのトラックバック一覧です: 四国、よいとこ 31 子規は日清戦争の従軍記者だったんだね。:

« 四国、よいとこ 30 雨粒をたたえたピンクのフヨウ | トップページ | 四国、よいとこ 32 高知市の寺田寅彦記念館の白いマンジュシャゲ »