« 四国、よいとこ 36 「ちょびっと だれたら…」 | トップページ | 四国、よいとこ 38 「ここが、わしの田んぼ」 »

2005.09.16

四国、よいとこ 37 「百笑」という地名の読み方

 二〇〇五年九月十六日。

 前日に高知県四万十市に「百笑」という地名があって「どうめき」と読むということを聞きました。
 調べてみましたら「百笑町(どうめきちょう)」でした。
 赤鉄橋の東側の所の地名だとのことです。
 もう一つ県下に「百笑(どうめき)」がありました。
 これは小字(こあざ)ですが、春野町にあります。
 広岡のサンシャイン広岡店の周辺の小字とのことです。

 百笑(どうめき)聞く
 その日のために 走ってる
 きのうも、きょうも そして、明日(あした)も

|

« 四国、よいとこ 36 「ちょびっと だれたら…」 | トップページ | 四国、よいとこ 38 「ここが、わしの田んぼ」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/5970495

この記事へのトラックバック一覧です: 四国、よいとこ 37 「百笑」という地名の読み方:

« 四国、よいとこ 36 「ちょびっと だれたら…」 | トップページ | 四国、よいとこ 38 「ここが、わしの田んぼ」 »