« 四国、よいとこ 51  「青空を 流れに抱いて ゆったりと…」。 | トップページ | 四国、よいとこ 53 ひよっとして「瀬戸の花嫁」の…。 »

2005.09.26

四国、よいとこ 52 「手を広げ 体いっぱい 太陽(ひ)を受けて…」 

20050926_2_026

 二〇〇五年九月二十六日。つづきのつづき。

 愛媛県の西予市明浜町を八幡浜市に向けて走りました。
 左が海側。切り立った高いがけの所が多いので、ぞくぞくしながら走ります。僕は高所恐怖症です。
 でも、宇和海はきれい。
 がけを利用したミカン畑がたくさんありました。

 手を広げ
 体いっぱい 太陽(ひ)を受けて
 ぎらぎら光る 宇和海、左

 午後五時過ぎ、八幡浜市着。ビジネスホテルに落ち着きました。
 明日は三崎港からフェリーで大分県へ。

|

« 四国、よいとこ 51  「青空を 流れに抱いて ゆったりと…」。 | トップページ | 四国、よいとこ 53 ひよっとして「瀬戸の花嫁」の…。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/6129744

この記事へのトラックバック一覧です: 四国、よいとこ 52 「手を広げ 体いっぱい 太陽(ひ)を受けて…」 :

« 四国、よいとこ 51  「青空を 流れに抱いて ゆったりと…」。 | トップページ | 四国、よいとこ 53 ひよっとして「瀬戸の花嫁」の…。 »