« 四国、よいとこ 25 台風と焼きニンニクとの関係。 | トップページ | 四国、よいとこ 27 かつおたたき握り寿し »

2005.09.09

四国、よいとこ 26 カン、カンとカンカン石をたたいてる。

 二〇〇五年九月七日。

 台風がいってしまいました。
 午前中の高知駅発の高速バスに乗って、高松市に。
 ここで、前からほしかった「カンカン石」(サヌカイト)の端切れを入手。
 たたくと、いい音がします。

 青空の 雲、ヒューヒューと 飛んでいく
 台風明けの
 高松の朝

 カン、カンと カンカン石を たたいてる
 静まれ、静まれ
 はやる心よ

 帰りの高速バスでスースー。目が覚めると左手に美しい景色が…。
 手前に、ため池。向こうに濃い緑の、なんともいえないいい色をした山々。

|

« 四国、よいとこ 25 台風と焼きニンニクとの関係。 | トップページ | 四国、よいとこ 27 かつおたたき握り寿し »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/5861474

この記事へのトラックバック一覧です: 四国、よいとこ 26 カン、カンとカンカン石をたたいてる。:

« 四国、よいとこ 25 台風と焼きニンニクとの関係。 | トップページ | 四国、よいとこ 27 かつおたたき握り寿し »