« 四国、よいとこ 111 高知市 妻が去った後に残したもの…。 | トップページ | 四国、よいとこ 113 高知県十和村 えっ、縄文早期にサヌカイトが、ここに…。 »

2005.11.01

四国、よいとこ 112 「この仕事 一つなしとげ… 」

 二〇〇五年十月三十一日。

 三十日、つぎのような短歌が生まれました。

 この仕事 一つなしとげ 死なんとも
 悔いはないかも
 アクセル吹かす

 三十一日、推敲しました。

 この仕事 なしとげるまで 死ねないな
 夜のバイクの
 スピード落とす

 などなど、いきつもどりつ。
 やっぱり変だけど最初のがいい。僕らしい。

 この日夜九時過ぎ、高知県の十和村(とうわそん)からオートバイで高知市に。
 須崎市の半ばまで信号にひっかからずに走れました。
 すごいことです。
 途中、窪川町で数分の小休止。
 夜空を見上げると「星が大きい!!!」。

|

« 四国、よいとこ 111 高知市 妻が去った後に残したもの…。 | トップページ | 四国、よいとこ 113 高知県十和村 えっ、縄文早期にサヌカイトが、ここに…。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/6801777

この記事へのトラックバック一覧です: 四国、よいとこ 112 「この仕事 一つなしとげ… 」:

« 四国、よいとこ 111 高知市 妻が去った後に残したもの…。 | トップページ | 四国、よいとこ 113 高知県十和村 えっ、縄文早期にサヌカイトが、ここに…。 »