« 四国、よいとこ 125 高知市 ヤマイモのムカゴは、しょううまい。 | トップページ | 四国、よいとこ 127 高知市 「高知シネプラザ」が閉館しました。 »

2005.11.12

四国、よいとこ 126  「死んだ人々は、もはや黙っては居られぬ以上、…」

 二〇〇五年十一月十二日午前。

 仕事で高知市の高知県立図書館にいって、あるフランスの詩人の詩句を探しました。
 何冊も本を出してもらって探しました。
 ありました。『きけわだつみのこえ 日本戦没学生の手記』(一九四九年十月二十日刊行、日本戦没学生手記編集委員会)の前文に載っていました。
 ジャン・タルヂューの詩でした(一九四三年にフランスで発行された「真夜中版」の『詩人の栄光』という詩集に収められているとのことです)。

 死んだ人々は、還ってこない以上、
 生き残った人々は、何が判ればいい?

 死んだ人々には、慨(なげ) く術(すべ)もない以上、
 生き残った人々は、誰のこと、何を、慨いたらいい?

 死んだ人々は、もはや黙っては居られぬ以上、
 生き残った人々は沈黙を守るべきなのか?

|

« 四国、よいとこ 125 高知市 ヤマイモのムカゴは、しょううまい。 | トップページ | 四国、よいとこ 127 高知市 「高知シネプラザ」が閉館しました。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/7056662

この記事へのトラックバック一覧です: 四国、よいとこ 126  「死んだ人々は、もはや黙っては居られぬ以上、…」:

« 四国、よいとこ 125 高知市 ヤマイモのムカゴは、しょううまい。 | トップページ | 四国、よいとこ 127 高知市 「高知シネプラザ」が閉館しました。 »