« 四国、よいとこ 131 高知県日高村 錦山(にしきやま)でドウダンツツジの真紅。 | トップページ | 四国、よいとこ 133 徳島市 「府中」と書いて「こう」と読む…。 »

2005.11.13

四国、よいとこ 132 落花生(ピーナッツ)の秘密。

 二〇〇五年十一月十三日夜。

 高知県いの町の弟が高知市のわが家に野菜を持ってきました。
 落花生もあります。

 「で、落花生は、どうやってできるの?」
 以下、弟の説明。

 落花生はマメ科です。
 五月はじめに種をまきます。
 夏に黄色いチョウチョウのような花が咲きます。
 秋口に花が終わると花の基部から太い針のようなもの(子房柄=しぼうへい)が出てきます、これが十センチメートルくらいになりま。
 それが、地下にもぐります。
 そして、その針のようなもの先でカラにくるまれた実ができます。
 そのカラの中のものが落花生の実、ピーナッツです。
 それで落花生というのでしようか。

|

« 四国、よいとこ 131 高知県日高村 錦山(にしきやま)でドウダンツツジの真紅。 | トップページ | 四国、よいとこ 133 徳島市 「府中」と書いて「こう」と読む…。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/7087923

この記事へのトラックバック一覧です: 四国、よいとこ 132 落花生(ピーナッツ)の秘密。:

« 四国、よいとこ 131 高知県日高村 錦山(にしきやま)でドウダンツツジの真紅。 | トップページ | 四国、よいとこ 133 徳島市 「府中」と書いて「こう」と読む…。 »