« 四国、よいとこ 164 愛媛県 蜜石誠二さんの本、 『あのころ 時を刻んだ歌』。 | トップページ | 四国、よいとこ 166 ちょっと遅い冬支度 »

2005.12.01

四国、よいとこ 165 このごろ、少し元気がないかもしれません。

 二〇〇五年十二月一日。

 そういえば 単身赴任も 半年か
 月一回の
 織姫テキパキ

 青年の 突進のさま 見ているよ
 心は仲間だ
 「すごいぞ、君ら」

 病から 抜け出せそうな 友のこと
 ゆったりいこうか
 還暦世代

 「個食(こしょく)」って やな言葉だね
 「すき焼きで 一杯飲むか」
 弟、誘う

 いっぱいに 食べ散らかすよに 手を広げ
 自分をせめてく
 日々のありかた

 ハングルの 表音文字に 四苦八苦
 たぶん、この音
 古代は同じ

 来年は 五十九歳か いい年だ
 金髪頭を
 鏡に映す

 世の未来 語る夫婦が 育てた子
 どう働くか
 じっくり見てるよ

|

« 四国、よいとこ 164 愛媛県 蜜石誠二さんの本、 『あのころ 時を刻んだ歌』。 | トップページ | 四国、よいとこ 166 ちょっと遅い冬支度 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/7417621

この記事へのトラックバック一覧です: 四国、よいとこ 165 このごろ、少し元気がないかもしれません。:

« 四国、よいとこ 164 愛媛県 蜜石誠二さんの本、 『あのころ 時を刻んだ歌』。 | トップページ | 四国、よいとこ 166 ちょっと遅い冬支度 »