« 四国、よいとこ 198 元高知西武百貨店の行方 | トップページ | 四国、よいとこ 200 高知市 また、十二月の積雪。 »

2005.12.21

四国、よいとこ 199 白菜と日清戦争日露戦争。

二〇〇五年十二月二十一日。

 夜のNHK総合テレビの「ためしてガッテン」で、ハクサイのことをやっています。

 ホームページを探索してみると、

 ● 英語では、Chinese cabbage(中国のキャベツ)。アブラナ科アブラナ属です。

 ● 約二千年前、ヨーロッパの麦畑でアブラナ科の雑草と混じって生えていたナタネの種が麦などについて、地中海域、中央アジアを旅して中国へ。この種から、カブや漬け菜など多くの葉類が分化。そして、七世紀ころ、華北のカブと華南、華中のツケナが交雑し、十一世紀ころ結球ハクサイの原型が生まれたした。

 ● 日本に初めて入ってきたのはのは一八七五年(明治八年)です。このときの栽培はあまりうまくいきませんでした。

 ● 日清戦争(一八九四年-九五年)、日露戦争(一九〇四年-〇五年)に従軍した日本の農村出身者の兵士が中国でハクサイを初めて食べ、その大きさや味に感心し、種子を持ち帰って各地で栽培して普及しました。

 種々の記録を見ても天皇の侵略軍の食料調達は「現地調達」、つまり略奪が基本ですので、ルーツは略奪だったのだと思います。
 悲しい歴史です。

|

« 四国、よいとこ 198 元高知西武百貨店の行方 | トップページ | 四国、よいとこ 200 高知市 また、十二月の積雪。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/7766361

この記事へのトラックバック一覧です: 四国、よいとこ 199 白菜と日清戦争日露戦争。:

« 四国、よいとこ 198 元高知西武百貨店の行方 | トップページ | 四国、よいとこ 200 高知市 また、十二月の積雪。 »