« 四国、よいとこ 205 松山市 JR松山駅前の、もちつき大会。 | トップページ | 四国、よいとこ 207 高知市 英夫先生の墓参り。 »

2005.12.31

四国、よいとこ 206 「やけぼっくりにひがつく」なのか「やけぼっくいにひがつく」なのか。

 二〇〇五年十二月二十八日。

 この日夜、「やけぼっくりにひがつく」なのか「やけぼっくいにひがつく」なのかというのが話題になりました。
 『例解 慣用句辞典』(井上宗雄監修、創拓社出版)を見ると「やけぼっくいにひがつく」でした。
 「焼け木杭(ぼっくい)に火が付く」。「かつて関係のあったものは容易にもとの関係に戻りやすいということ。…燃えさしの切り株は火がつきやすいことから。…」

|

« 四国、よいとこ 205 松山市 JR松山駅前の、もちつき大会。 | トップページ | 四国、よいとこ 207 高知市 英夫先生の墓参り。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/7922556

この記事へのトラックバック一覧です: 四国、よいとこ 206 「やけぼっくりにひがつく」なのか「やけぼっくいにひがつく」なのか。:

« 四国、よいとこ 205 松山市 JR松山駅前の、もちつき大会。 | トップページ | 四国、よいとこ 207 高知市 英夫先生の墓参り。 »