« 四国、よいとこ 208 高知市 「うまじろう」という名のナシ。 | トップページ | 四国、よいとこ 210 あったかい年賀状 »

2006.01.01

四国、よいとこ 209 二〇〇六年、ゴー。

_220060102

 二〇〇六年です。お元気ですか。

 元日は「二十四時間プラス一秒」だそうですね。「一秒」でも、なんか得した気分です。
 ことしも、よろしくお願いいたします。

 日照りにも 雪にもめげて
 たっすいが
 四国の仕事 楽しんでいる

 二カ月で 五十九歳か いい歳だ
 金髪頭を
 鏡に映す

 戦争の おろかさ伝える
 掩体壕(えんたいごう)
 機銃の跡に 悲鳴聞いてる

 あの日から ピースライブは 十四回
 高知の人の
 確かな足取り

 靴脱いで ステージを跳ぶ 十九歳
 ロックの心は
 愛と平和と

 土佐弁で 平和の憲法 読み上げる
 二十二歳の
 穏やかな顔

 九条を 守れの署名
 各戸ごと 訴える群れ
 清水も十和も

 この四国
 チェルノブイリに するつもり?
 プルサーマルの その手をとめよ

 よれよれに アイロンかけてる
 妻がいる
 単身夫(たんしんおっと) お世話になってる

 元日は 二十四時間 一秒で
 なんだかめでたい
 二〇〇六年
  
 「たっすい」は土佐弁で「弱い」という意味です。
 掩体壕は、軍用機格納庫のこと。高知県南国市に七基残っています。
 高知県土佐清水市、十和村(とうわそん)の「九条の会」に感激しまました。

 写真は二日、高知城からのものです。

|

« 四国、よいとこ 208 高知市 「うまじろう」という名のナシ。 | トップページ | 四国、よいとこ 210 あったかい年賀状 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/7932261

この記事へのトラックバック一覧です: 四国、よいとこ 209 二〇〇六年、ゴー。:

« 四国、よいとこ 208 高知市 「うまじろう」という名のナシ。 | トップページ | 四国、よいとこ 210 あったかい年賀状 »