« 四国、よいとこ 247 「猟奇的な彼女」に、また泣きました。 | トップページ | 四国、よいとこ 249 童謡「兵隊さんの汽車」の恐ろしさ。 »

2006.01.25

四国、よいとこ 248 高知県伊野町 母と「とんがり帽子」の歌。

 二〇〇六年一月二十五日。

 二十二日、歌手の川田正子(かわだ・まさこ)さんが亡くなりました。七十一歳でした。
 「里の秋」。「みかんの花咲く丘」。「とんがり帽子」。彼女のうたった歌のリストを見ると懐かしいものばかりです。
 「とんがり帽子」(作詞・菊田一夫さん、作曲・古関裕而さん)は一九四七年のNHKラジオの番組「鐘の鳴る丘」の主題歌だったそうです。ドラマは、戦争が終り、復員してきた一人の若者と戦災孤児たちが共同生活を営みながら成長していく姿を描いたものだったといいます。

 緑の丘の 赤い屋根
 とんがり帽子の 時計台
 鐘が鳴ります キンコンカン
 メイメイ仔山羊(こやぎ)も 鳴いてます
 風がそよそよ 丘の家
 黄色いお窓は おいらの家よ

 緑の丘の 麦畑
 おいらが一人で いる時に
 鐘が鳴ります キンコンカン
 鳴る鳴る鐘は 父母(ちちはは)の
 元気でいろよと いう声よ
 口笛吹いて おいらは元気

 とんがり帽子の 時計台
 夜になったら 星が出る
 鐘が鳴ります キンコンカン
 おいらはかえる 屋根の下
 父さん母さん いないけど
 丘のあの窓 おいらの家よ

 おやすみなさい 空の星
 おやすみなさい 仲間たち
 鐘が鳴ります キンコンカン
 昨日にまさる 今日よりも
 あしたはもっと しあわせに
 みんな仲よく おやすみなさい

 幼いころ、この歌を母に習ったシーンを思い出します。
 高知県伊野町の国鉄伊野駅の近くの踏み切り付近を二人で歩いていたときのことです。なんか「異国」を舞台にした歌かなと思いました。「鐘が鳴ります キンコンカン」と歌いました。
 放送が始まったのは私が生まれた年ですから、それから四年くらいたってからのことでしょうか。

|

« 四国、よいとこ 247 「猟奇的な彼女」に、また泣きました。 | トップページ | 四国、よいとこ 249 童謡「兵隊さんの汽車」の恐ろしさ。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/8329071

この記事へのトラックバック一覧です: 四国、よいとこ 248 高知県伊野町 母と「とんがり帽子」の歌。:

« 四国、よいとこ 247 「猟奇的な彼女」に、また泣きました。 | トップページ | 四国、よいとこ 249 童謡「兵隊さんの汽車」の恐ろしさ。 »