« 四国、よいとこ 213 いびきと抱き枕との関係…。 | トップページ | 四国、よいとこ 215 高知市 「数センチ雪乗せて着く下りの列車…」 »

2006.01.07

四国、よいとこ 214 高知市 中学生の時の同学年生二人とあったよ。

 二〇〇六年一月六日夜。

 高知市で開かれたある新年会にいったら、中学生の時の同学年生二人(いずれも男性)がきていました。
 かつての少年たちも、ことしは五十九歳、六十歳になります。
 「○○君は、がんで…」
 「○○君は、痴呆症になって…」
 八日には同窓会があります。
 「ぜんぶで七十人くらいくる予定。大阪の○○さんもくる」
 楽しみです。 

 中学生のころから世話になったT夫妻、大学生のとき世話になったO夫妻もきていました。
 「あんなにやせていたのに、こえてしもうてわからざった」
 「金髪にしちゅうきわからざった」

|

« 四国、よいとこ 213 いびきと抱き枕との関係…。 | トップページ | 四国、よいとこ 215 高知市 「数センチ雪乗せて着く下りの列車…」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/8051093

この記事へのトラックバック一覧です: 四国、よいとこ 214 高知市 中学生の時の同学年生二人とあったよ。:

« 四国、よいとこ 213 いびきと抱き枕との関係…。 | トップページ | 四国、よいとこ 215 高知市 「数センチ雪乗せて着く下りの列車…」 »