« 四国、いいとこ 232 NHK総合テレビの「巧名が辻」は、けっこう面白いらしい。 | トップページ | 四国、よいとこ 234 高知市 「花と竜」を見ました。 »

2006.01.17

四国、よいとこ 233 高知市 旭さん、ルリ子さんの映画「大草原の渡り鳥」を見たよ。

 二〇〇六年一月十七日。

 やっほー、休みだよ。
 いい天気。
 洗濯をして干しました。
 さぁ、自転車で市内めぐり。
 帯屋町でパソコン用の通信エッジの解約。
 喫茶。
 ひろめ市場で五百円の定食。
 やっぱり職場にいって仕事。

 こんなことをしていては休みにならないと、ついに、あたご劇場へ。
 二本立ての映画を見ました。

 一本は、日活の「大草原の渡り鳥」(一九六〇年)。小林旭さんの渡り鳥シリーズの第五作です。
 小林旭さん(滝伸次)、宍戸錠さん(ハートの政)、浅丘ルリ子さん(清里順子)、白木マリさん(セトナ)、南田洋子さん(和枝)という面白いキャスティングです。

 あらすじは、以下のとおり。

 北海道の摩周湖の尾根道を、ギターを持った滝伸次と少年・越谷信夫の馬が釧路へ向います。
 (カウボーイのような帽子をかぶった長身の青年が、ギターと拳銃を持って馬で旅行しているという設定がすごい)
 信夫の母親・和枝を訪ねてきた伸次は、釧路に着いた夜、和枝がマダムになっているキャバレー「ブラック・ベア」に流しに入りました。和枝はボスの高堂と出張中で留守でした。
 高堂は東京から直行した旅客機がつけられるような飛行場を作ることを計画していました。それには邪魔になるアイヌ部落を取払わねばならりません。高堂のアイヌ部落襲撃は日ましに激しくなりました。
 伸次は民芸研究家の順子とともに、アイヌ部落を守ることにしました。
 (アイヌをいじめ、自然を壊す銀行や暴力団は悪だ、アイヌや美しい自然は守るべきだという正義の主張です)
 アイヌ部落が世話になる清里硫黄精練所に殺し屋風の男・政がやってきました。高堂が清里に貸した二百万円の取立てにきたのです。
 乱暴を働らく政を、伸次が止めました。
 (この政も馬に乗って旅をしています。うっそー。それにしても、この映画に出てくるアイヌの習俗と言葉はちゃんと考証されているのかなぁ…。それにしても、アイヌ部落周辺の景色の美しさ。大サービス)
 そんな時、信夫が行方をくらましました。信夫は「親切なおばさんがいた…」と、和枝を母とは知らないままに一時を過してきたのでした。
 返済金の取立てがきびしくなりました。
 伸次は、信夫の養育費としてあずかってきた二百万円を清里にさし出します。
 清里の息子・茂はこの金を持って「ブラック・ベア」に乗りこみました。しかし、賭博場に連れこまれ、たちまちスッてしまいました。
 そこへ、伸次がやってきました。政を相手にし、伸次が勝ちます。伸次の賭博はイカサマでした。政はこれを知っていたのですが、勝ちをゆずったのです。
 高堂は、アイヌ部落の祭へくるであろう伸次と信夫を硫黄精練所へおびき出すことと、そのスキに部落を焼打ちにすることを企みました。
 祭の夜、アイヌ部落は火の海となりました。
 信夫は硫黄精練所の廃坑の中に連れていかれました。
 伸次が拳銃を構えて廃坑に立ちました。背後から狙った茂を、一瞬ふり返って撃ちました。
 伸次と政は高堂を殴ちました。
 近づいたパトカーに「七年前の××銀行強盗は俺(おれ)の単独っていうことになっているが、本当は、その野郎が主犯だ」と政がいいます。
 高堂の腕に手錠がかかりました。
 伸次は信夫を順子に託して、また、旅に出ました。
 (バンバン拳銃を撃ちまくった伸次が、なぜ逮捕されないの。拳銃を持っているだけでも逮捕されそうなのに。不思議、不思議。ラストがすごいよ。小林旭ののびやかに歌う「赤い夕陽よ…」が流れ、夕焼けに包まれた馬と小林旭の映像が涙が出るほどいいのです)

 「赤い夕陽よ…」は、「赤い夕陽の渡り鳥」という歌です。
 「♪赤い夕陽よ 燃えおちて 海を流れて どこへゆく ギターかかえて あてもなく 夜にまぎれて 消えてゆく 俺と似てるよ 赤い夕陽…」

|

« 四国、いいとこ 232 NHK総合テレビの「巧名が辻」は、けっこう面白いらしい。 | トップページ | 四国、よいとこ 234 高知市 「花と竜」を見ました。 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/8208819

この記事へのトラックバック一覧です: 四国、よいとこ 233 高知市 旭さん、ルリ子さんの映画「大草原の渡り鳥」を見たよ。:

« 四国、いいとこ 232 NHK総合テレビの「巧名が辻」は、けっこう面白いらしい。 | トップページ | 四国、よいとこ 234 高知市 「花と竜」を見ました。 »