« 四国、よいとこ 249 童謡「兵隊さんの汽車」の恐ろしさ。 | トップページ | 四国、よいとこ 251 愛媛県 ミカン農家を詠った短歌二首を読みました。 »

2006.01.26

四国、よいとこ 250 戦前の沖縄県にあった県営鉄道のこと。

 二〇〇六年一月二十六日。

 沖縄県から高知市に帰った男性に「戦前、沖縄県には鉄道があったんだよ」と教えていただきました。
 びっくりしました。なんとなく、「沖縄には鉄道がなかった」と思い込んでいたからです。

 ホームページを見ると「 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』」にデータが出ていました。
 それを頼りにメモをつくっておきます。

 戦前の沖縄本島内には沖縄県営鉄道の鉄道がありました。
 沖縄県営鉄道は、一九一四年十二月に与那原線の那覇~与那原間が開業。その後、大正末期までに嘉手納へ向かう嘉手納線や糸満に延びる糸満線も開業しました。
 四五年(昭和二十年)三月には運行を停止しました。
 鉄道の施設はアメリカ軍の空襲や地上戦によって破壊されました。
 戦後は復旧することなくそのまま消滅しました。
 二〇〇三年八月に運輸営業用の本格的な鉄道としては戦後初となる沖縄都市モノレールが那覇市内に開業しました。

|

« 四国、よいとこ 249 童謡「兵隊さんの汽車」の恐ろしさ。 | トップページ | 四国、よいとこ 251 愛媛県 ミカン農家を詠った短歌二首を読みました。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/8347287

この記事へのトラックバック一覧です: 四国、よいとこ 250 戦前の沖縄県にあった県営鉄道のこと。:

« 四国、よいとこ 249 童謡「兵隊さんの汽車」の恐ろしさ。 | トップページ | 四国、よいとこ 251 愛媛県 ミカン農家を詠った短歌二首を読みました。 »