« 四国、よいとこ 240 高知市 「草木の精 牧野富太郎伝 花と恋して(二幕)」を見ました。 | トップページ | 四国、よいとこ 242 高知県大月町 「お月さん桃色」の続き »

2006.01.21

四国、よいとこ 241 高知県大月町 「お月灘(つきなだ)、桃色」という江戸時代の土佐の庶民の暴露???

 二〇〇六年一月二十日。

 おつきさんももいろ
 たれが言うたか 海女が言うた
 海女の口をひきしゃけ

 海女の口をねじあげえ
      ねじあげえ

 インターネットを検索していると、どうも、この歌の秘密は高知県幡多郡大月町にあるらしいとわかってきました。

 大月町に以前、月灘村というのがありました。
 ここでは、「お月さん」でなくて「お月灘」と発音するそうです。
 サンゴにまつわる歌だとうことです。
 江戸時代の土佐藩は、月灘で貴重な桃色サンゴがとれるのを極秘にしていました。
 しかし、人の口に戸をたてられず、こうしたわらべうたになったといいます。
 また、家が貧乏なためこっそりとって売り、見つかって処罰されたという意味だとの説もあるそうです。

 とすると、土佐藩・山内グループへの圧制への庶民の反逆の歌なんですね。

 いずれにしても、もう少し、ちゃんと調べたいと思っています。

|

« 四国、よいとこ 240 高知市 「草木の精 牧野富太郎伝 花と恋して(二幕)」を見ました。 | トップページ | 四国、よいとこ 242 高知県大月町 「お月さん桃色」の続き »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/8254658

この記事へのトラックバック一覧です: 四国、よいとこ 241 高知県大月町 「お月灘(つきなだ)、桃色」という江戸時代の土佐の庶民の暴露???:

« 四国、よいとこ 240 高知市 「草木の精 牧野富太郎伝 花と恋して(二幕)」を見ました。 | トップページ | 四国、よいとこ 242 高知県大月町 「お月さん桃色」の続き »