« 四国、よいとこ 269 「サランへヨ 電話で妻に いい寄れば‥」 | トップページ | 四国、よいとこ 271 東京都 韓国の短編小説「ソナギ(にわか雨)」。 »

2006.02.02

四国、よいとこ 270 東京都 夜の下りの電車で見た不思議な物体。

_20060202

 二〇〇六年二月二日。

 数か月ぶりに高知市から夜の東京都にやってきました。
 新宿駅から下りの電車に乗りました。
 乗客がいっぱいで座席にすわれません。
 「高知では列車も路面電車もたいてい座れるけど、東京って大変な所だなぁ」と、改めて思いました。

 対面式に両側にある座席の上に変なものがありました。
 皮(?)のひもの先に三角とか円の形のわっかがついているのです。
 「ああ、これにつかまって立ってなさいということだったなぁ」

 ところで、高知の列車、路面電車、バスに、こんなものがあったでしょうか。
 あったかもしれないけど、このところ使った覚えはありません。
 きょう乗った、はりまや橋から高知龍馬空港までのバスにはなかったな。だいたい座席の半分くらいしか乗ってなかったもの。

 東京暮らし三十数年の妻に「あれって、なんといったっけ」と聞いたら「つり革じゃないの」とのことでしたが‥‥。

|

« 四国、よいとこ 269 「サランへヨ 電話で妻に いい寄れば‥」 | トップページ | 四国、よいとこ 271 東京都 韓国の短編小説「ソナギ(にわか雨)」。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/8473259

この記事へのトラックバック一覧です: 四国、よいとこ 270 東京都 夜の下りの電車で見た不思議な物体。:

« 四国、よいとこ 269 「サランへヨ 電話で妻に いい寄れば‥」 | トップページ | 四国、よいとこ 271 東京都 韓国の短編小説「ソナギ(にわか雨)」。 »