« 四国、よいとこ 288 高知県安芸市矢流(やながれ) 綺麗な夕焼け。 | トップページ | 四国、よいとこ 290 高知市発 「酒の飲みすぎで、ちぢんだ脳」。 »

2006.02.13

四国、よいとこ 289 「二十歳になったら、みんな、どうなっとるんじゃろう」

 二〇〇六年二月十三日。

 十二日は、高知県室戸市、そして高松市に。
 十三日は小豆島、そして、高松市、高知市。
 少し疲れました。

 で、夜はDVDで日本映画「がんばっていきまっしょい」を見ました。

 いいせりふがたくさん出てきます。
 たとえば高校の女子ボート部員五人の会話。
 「わたしら、まだ、十七歳やー」
 「十七も、一度だけか」
 「二十歳になったら、みんな、どうなっとるんじゃろう」
 ‥‥‥

 そんなふうに思ったこともありました。
 その僕が、いまや、あと十日で五十九。
 「すっごーーいっ」って感じです。

 「この大学へいけたら、何にもいらない」
 「この仕事につけたら、何にもいらない」
 「この人と結婚できたら、何にもいらない」
 など、など、いろんなことを思って。
 いろんなことが実現して。
 実現できなかったこともたくさんあって。
 まだ、その実現のために格闘していることもたくさんあって。
 まだ、歩みを止めていない僕を、抱きしめてあげたい。

|

« 四国、よいとこ 288 高知県安芸市矢流(やながれ) 綺麗な夕焼け。 | トップページ | 四国、よいとこ 290 高知市発 「酒の飲みすぎで、ちぢんだ脳」。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/8646322

この記事へのトラックバック一覧です: 四国、よいとこ 289 「二十歳になったら、みんな、どうなっとるんじゃろう」:

« 四国、よいとこ 288 高知県安芸市矢流(やながれ) 綺麗な夕焼け。 | トップページ | 四国、よいとこ 290 高知市発 「酒の飲みすぎで、ちぢんだ脳」。 »