« 四国、いいとこ 343 茶色の甘い果物を食べた夢。 | トップページ | 四国、いいとこ 345 山口県岩国市 JR岩国駅前の「爆弾投下中心地」の石碑。 »

2006.03.06

四国、いいとこ 344 「明日という字は明るい日と書くのね」。うん、そうだね。

 二〇〇六年三月六日。

 ネットサーフィンをしていて「悲しみは駈け足でやってくる」という歌に再会しました。

 歌・アン真理子さん。作詞・アン真理子さん。作曲・中川克彦さん。一九六九年七月発売です。
 僕が高知市から東京都に出たのが九八年十月。レコードの発売は、その翌年です。いつもテレビやラジオに流れていましたね。明るくて、少しさびしくて、いい歌でした。

 明日という字は明るい日と書くのね
 あなたとわたしの明日は明るい日ね
 それでもときどき悲しい日もあるけど
 だけどそれは気にしないでね
 二人は若い 小さな星さ
 悲しい歌は知らない

 若いという字は苦しい字に似てるわ
 涙が出るのは若いというしるしね
 それでもときどき楽しい日も来るけど
 またいつかは涙をふくのね
 二人は若い 小さな星さ
 悲しい歌は知らない

 以下の所で曲を聞くことができます。
 http://www.fukuchan.ac/music/j-folk2/kanashimiwakakeashide.html

 アン真理子さん(佐藤由紀さん)は、一九四五年生まれ。藤ユキの芸名でした。六六年から出門英さんとボサノバ・デュオ「ユキ&ヒデ」として活動していました。アン真理子の名前で吹き込んだ七九年の「悲しみは駆け足でやってくる」がヒットしました。「ヒデ&ロザンナ」の「笑ってごらん子供のように」はアン真理子さんの作詞で「ユキ&ヒデ」時代の作品です。

|

« 四国、いいとこ 343 茶色の甘い果物を食べた夢。 | トップページ | 四国、いいとこ 345 山口県岩国市 JR岩国駅前の「爆弾投下中心地」の石碑。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/8966080

この記事へのトラックバック一覧です: 四国、いいとこ 344 「明日という字は明るい日と書くのね」。うん、そうだね。:

« 四国、いいとこ 343 茶色の甘い果物を食べた夢。 | トップページ | 四国、いいとこ 345 山口県岩国市 JR岩国駅前の「爆弾投下中心地」の石碑。 »