« 四国、よいとこ 463 すごいね。mari-chanのコメント。 | トップページ | 四国、よいとこ 465 短歌は「自分の生を彫り込んでいく詩」。 »

2006.04.18

四国、よいとこ 464 聞いてみたかったね。「すごいブーイングの嵐」。 

 二〇〇六年四月十八日。

 いやーっ、痛快な文章に出会いました。

 ブログ「江川招子ジャーナル」の四日付です。
 四月三日夜、サントリーホールのホールでのプッチーニの歌劇「トゥーランドット」の初日でのことを書いています。

 「いやはや、すごいブーイングの嵐でした。
 これまで音楽会やオペラで、こんな激しく長いブーイングは、聞いたことがありません。
 しかも、このブーイングがあったのは、公演が始まる前のこと。」
 「‥‥通路やロビーに眼光鋭く、耳にイヤホンをさした背広姿の男性が何人もうろうろしており、誰か要人が来る気配。聞いてみると、『首相が来られます』とのこと。
 で、開幕直線、2階席の最前列に小泉さんが現れたのですが、なんと荒川静香選手を伴っていました。
 その姿が見えた途端、すさまじいブーイングが起きたのでした。」
 
 続きは
 http://www.egawashoko.com/c011/000061.html
 で、どうぞ。

|

« 四国、よいとこ 463 すごいね。mari-chanのコメント。 | トップページ | 四国、よいとこ 465 短歌は「自分の生を彫り込んでいく詩」。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/9649423

この記事へのトラックバック一覧です: 四国、よいとこ 464 聞いてみたかったね。「すごいブーイングの嵐」。 :

« 四国、よいとこ 463 すごいね。mari-chanのコメント。 | トップページ | 四国、よいとこ 465 短歌は「自分の生を彫り込んでいく詩」。 »