« 四国、よいとこ 443 高知市 見事な紫色の花(?)をつけたテッセンの鉢。 | トップページ | 四国、よいとこ 445 高知市 寺田寅彦邸跡のドウダンツツジの花。 »

2006.04.13

四国、よいとこ 444 高知市 「僕は、前のめりに生きたい」。

 二〇〇六年四月十三日。

 そういえば思い出しました。
 二十代だか三十代だかに、東京都で高知出身の大先輩の女性と話したとき、「僕は、前のめりに死にたい」
 といって、「生き急ぎしなさんな」と、たとしなめられたことがあります。
 その人は、高知県立丸の内高校出身の人で国立市に住んでいました。

 高校時代には、「きっと僕は二十代の後半までは生きていまい」と、思っていました。
 なんか、世間の泥と垢に汚れまくって精神も世の中に屈服して生きている自分の将来を想像して寒気がしました。
 きっと、そうなる前に、みずから命を絶つだろうと思ってきました。

 その男が、いま五十九歳になって、生きています。
 精神的にだけ見てみると、「世間の泥と垢に汚れまくって精神も世の中に屈服して生きている」という感じでなく、いたってピュアーで自由。
 もっとも、「自由」すぎて、最近も「口害」で親しい人たちに迷惑をかけ、たしなめられて、反省の日々ですが‥‥。

 わがままを許してくれる「まわりの人々」や妻に恵まれて、しあわせだと思う、きょうこのごろです。

 ま、「前のめりに」、いけるところまでいってみましょう。

 「僕は、前のめりに生きたい」

|

« 四国、よいとこ 443 高知市 見事な紫色の花(?)をつけたテッセンの鉢。 | トップページ | 四国、よいとこ 445 高知市 寺田寅彦邸跡のドウダンツツジの花。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/9578374

この記事へのトラックバック一覧です: 四国、よいとこ 444 高知市 「僕は、前のめりに生きたい」。:

« 四国、よいとこ 443 高知市 見事な紫色の花(?)をつけたテッセンの鉢。 | トップページ | 四国、よいとこ 445 高知市 寺田寅彦邸跡のドウダンツツジの花。 »