« 四国、よいとこ 620 国民学校の音楽の時間 十二時間目 「その身は玉と くだけても ほまれは残る」。 | トップページ | 四国、よいとこ 622 国民学校の音楽の時間 十四時間目 軍犬の歌も登場して…。 »

2006.06.25

四国、よいとこ 621 国民学校の音楽の時間 十三時間目 「波の底からねらひうち」。

 二〇〇六年六月二十五日。

 『初等科音楽 一』は、続きます。

 こんどは海軍の歌です。

 「潜水(せんすゐ)艦」

 一 魚雷かかへて、
   しぶきをあげて、
   もぐる海底(かいてい)わが天下。
 二 立てて見はった
   潜望鏡(せんぼうきやう)に、
   光る黒しほ、敵のふね。
 三 海の城だと
   いばってゐても、
   波の底からねらひうち。

|

« 四国、よいとこ 620 国民学校の音楽の時間 十二時間目 「その身は玉と くだけても ほまれは残る」。 | トップページ | 四国、よいとこ 622 国民学校の音楽の時間 十四時間目 軍犬の歌も登場して…。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/10669068

この記事へのトラックバック一覧です: 四国、よいとこ 621 国民学校の音楽の時間 十三時間目 「波の底からねらひうち」。:

« 四国、よいとこ 620 国民学校の音楽の時間 十二時間目 「その身は玉と くだけても ほまれは残る」。 | トップページ | 四国、よいとこ 622 国民学校の音楽の時間 十四時間目 軍犬の歌も登場して…。 »