« 四国、よいとこ 612 国民学校の音楽の時間 六時間目 「兵たいさんは 勇ましい」。 | トップページ | 四国、よいとこ 614 「へらこい」という痛烈な言葉。 »

2006.06.23

四国、よいとこ 613 国民学校の音楽の時間 七時間目 「その大御心に 答へまつらん」。

 二〇〇六年六月二十三日。

 三冊目、『初等科音楽 一』です。
 最初の六曲が「天皇万歳」の歌です。
 まず、「君が代」。
 次は、これです。

 「天長節」

 今日のよき日は、大君の
 うまれたまひし よき日なり、
 さし出たまひし よき日なり。
 ひかりあまねき 君が世を
 いはへ、もろ人 もろともに。
 めぐみあまねき 君が代を
 いはへ、もろ人 もろともに

 昭和天皇は、一九〇一年四月二十九日に誕生。
 このころは四月二十九日が「天長節」だったようです。
 学校で、特定個人の誕生日を祝う歌を教えるということは、どういうことでしょうか。
 しかも、「みひかりの さし出たまひし」とか最大級に賛美して……。

 そして、三つ目が、これ。

 「勅語奉答(ちょくごほうとう)」

 あやにかしこき すめらぎの、
 あやにたふとき すめらぎの、
 あやにたふとく、かしこくも、
 下(くだ)したまへり、大みこと、
 これぞめでたき 日の本の
 国の教の もとゐなる、
 これぞめでたき 日の本の
 人の教の かがみなる。
 あやにかしこき すめらぎの
 みことのままに いそしみて、
 あやにたふとき すらぎの
 大御心に 答へまつらん。

 天皇を最大限に持ち上げ、「その大御心に 答へまつらん」という内容です。

|

« 四国、よいとこ 612 国民学校の音楽の時間 六時間目 「兵たいさんは 勇ましい」。 | トップページ | 四国、よいとこ 614 「へらこい」という痛烈な言葉。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/10649253

この記事へのトラックバック一覧です: 四国、よいとこ 613 国民学校の音楽の時間 七時間目 「その大御心に 答へまつらん」。:

« 四国、よいとこ 612 国民学校の音楽の時間 六時間目 「兵たいさんは 勇ましい」。 | トップページ | 四国、よいとこ 614 「へらこい」という痛烈な言葉。 »