« 四国、よいとこ 662 国民学校の音楽の時間 三十五時間目 「死すべき時は今なるぞ」。 | トップページ | 四国、よいとこ 663 国民学校の音楽の時間 三十六時間目 乗組員の生還を考えない特別攻撃。 »

2006.07.07

四国、よいとこ 663 国民学校の音楽の時間 三十六時間目 乗組員の生還を考えない特別攻撃。

二〇〇六年七月七日。

 『初等科音楽 三』には「特別攻撃隊」の歌が載っています。

 昭和天皇の海軍は、一九四一年十二月八日、アメリカ合衆国ハワイの真珠湾のアメリカ海軍のアメリカ太平洋艦隊と航空基地に奇襲攻撃をしました。
 この時、特殊潜航艇(甲標的。二人乗り)五隻も参加しました。戦死九人。一人は捕虜になりました。
 この甲標的は、乗組員の生還を考えない特別攻撃の武器でした。

 一 一挙(いっきょ)にくだけ、主戦力。
   待ちしはこの日、この時と、
   怒涛(どとう)の底を矢のごとく、
   死地に乗り入る、艇(てい)五隻。

 二 朝風切りて友軍機。
   おそふと見るや、もろともに
   巨艦(きょかん)の列へ射て放つ
   魚雷高し、波がしら。

 三 爆音天をどよもせば、
   潮も湧(わ)けり、真珠湾(しんじゅわん)。
   火柱あげて、つぎつぎに
   敵の大艦しづみゆく。

 四 昼間はひそみ、月の出に
   ふたたびほふる敵巨艦。
   襲撃まさに成功と、
   心しつかに打つ無電。

 五 ああ、大東亜聖戦に、
   みづくかばねと誓ひつつ、
   ときがけ散りし若桜。
   仰げ、特別攻撃隊。

 いまでいえば小学校五年生の子どもたちに、授業で、この歌をうたわせているのです…。

|

« 四国、よいとこ 662 国民学校の音楽の時間 三十五時間目 「死すべき時は今なるぞ」。 | トップページ | 四国、よいとこ 663 国民学校の音楽の時間 三十六時間目 乗組員の生還を考えない特別攻撃。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/10837454

この記事へのトラックバック一覧です: 四国、よいとこ 663 国民学校の音楽の時間 三十六時間目 乗組員の生還を考えない特別攻撃。:

« 四国、よいとこ 662 国民学校の音楽の時間 三十五時間目 「死すべき時は今なるぞ」。 | トップページ | 四国、よいとこ 663 国民学校の音楽の時間 三十六時間目 乗組員の生還を考えない特別攻撃。 »