« 四国、よいとこ 679 高知市 六歳の孫娘、エミの熱いキッス。うるうる……。 | トップページ | 四国、よいとこ 681 広島県呉市 セミドキュメンタリー「赤い月の街 呉空襲」。 »

2006.07.31

四国、よいとこ 680 高知市 「締め切り」のある暮らし、三十九年。なかなか、いいもんですよ。

 二〇〇六年七月三十一日。

 締め切りに 助けてもらい 仕事する
 ゴールに向かって
 きょうも スタート

 「締め切り」のある暮らしを二十歳からやってきました。
 いま、五十九歳です。

 本日も、朝から「自主目標午後二時」の仕事をめざして走りました。
 たぶん「血相を変えて」という感じで、何人かの人に「この人って、余裕ないわね」という印象を与えたと思います。
 はっきりいって余裕はありませんでした。

 しかし、自分の都合で世の中は動きません。
 これは真理です。

 途中で、別件で、「あれは、正午が締め切りだよ」というケータイがきました。
 「うわーっ、そうだったのか、でも…、ごめんなさい。率直にいって無理です」

 「午後二時」の件で、ある人と約束していましたが、二時間遅れでやってきました。
 短時間、お話を聞かせてもらいました。

 それが終わって、一度、事務所に帰りました。
 松山市の知り合いの青年が「表敬訪問」にきていましたが、ほとんど対話もしないで、わっせ、わっせと「追い込み」。
 そのうち、これまでの件とは違う話で電話、「あれのメールを送ってほしい」。
 「すみません。いまは無理です。夜になります」

 そして、「午後二時」の件の追加で、また現場へ。
 かなりひんしゅくを買うような荒っぽい仕事をして、また、事務所へ。
 結局、「午後二時」目標が、「午後三時前」になってしまいました。

 それが終わると、「正午まで」の件に向かって一心不乱。
 やっと終わりました。

 虚脱状態です。
 事務所の人が炊いていてくれていた、ご飯を使って即席ラーメンとのごった煮をつくりました。
 水を入れて、ご飯と即席ラーメンを入れて点火。
 事務所の人たちの「男の料理といえども、あまりにも非常識。即席ラーメンは、わいてから入れるものだ」という声に耳を貸さず、断行。
 できあがった「料理」と魚の缶詰で遅い昼食。
 「う、うまいいいい。幸せーー」

 その後、「メール」の件をすませました。

 そして、次なる「締め切り」。
 事務所の人に協力をいただき、わーっと格闘し、午後八時過ぎに終了。
 やったぜ!!!

 ま、僕のような、ひまさえあれば、オートバイでツーリングしたい、花園に寝転んで夢をみたい、何本も映画を見たい、枕元にうず高く積んである本をじっくり読みたいという人間には「締め切り」が必要です。

 「締め切り」があればこそ、突進できます。

|

« 四国、よいとこ 679 高知市 六歳の孫娘、エミの熱いキッス。うるうる……。 | トップページ | 四国、よいとこ 681 広島県呉市 セミドキュメンタリー「赤い月の街 呉空襲」。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/11172360

この記事へのトラックバック一覧です: 四国、よいとこ 680 高知市 「締め切り」のある暮らし、三十九年。なかなか、いいもんですよ。:

« 四国、よいとこ 679 高知市 六歳の孫娘、エミの熱いキッス。うるうる……。 | トップページ | 四国、よいとこ 681 広島県呉市 セミドキュメンタリー「赤い月の街 呉空襲」。 »