« 四国、よいとこ 666 国民学校の音楽の時間 三十八時間目 女子にも戦争にいけと…。 | トップページ | 四国、よいとこ 668 国民学校の音楽の時間 四十時間目 「汝(なれ)を股肱(ここう)とのたまひし…」。 »

2006.07.08

四国、よいとこ 667 国民学校の音楽の時間 三十九時間目 「をの子らをいくさの庭に 遠くやり 心勇む」。

 二〇〇六年七月七日。

 『初等科音楽 三』です。
 
 大きくなって母になったら息子を戦場に送りなさい。「母の歌」です。「をの子らをいくさの庭に 遠くやり 心勇む」というのです。

 一 母こそは、命のいつみ(いずみ)。
   いとし子を胸にいだきて
   ほほ笑めり、若やかに。
    うるわしきかな、母の姿。

 二 母こそは み国の力。
   をの子らをいくさの庭に
   遠くやり 心勇む。
    をおしきかな 母の姿。

 三 母こそは 千年(ちとせ)の光。
   人の世のあらんかぎり
   地にはゆる天つ日なり。
    大いなるかな 母の姿。

 作詞・野上弥生子、作曲・下総皖一ということを知りました。
 野上弥生子は、あの野上弥生子でしょうか。

 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から。

 野上 弥生子(のがみ やえこ、本名:野上 ヤヱ(のがみ やゑ)、旧姓小手川、1885年5月6日 - 1985年3月30日) は、日本の小説家。大分県臼杵市生まれ。
 14歳の時に上京し、明治女学校に入学。夏目漱石門下の野上豊一郎と結婚。「ホトトギス」に『縁』を掲載してデビュー。以来、99歳で逝去するまで現役の作家として活躍する。法政大学女子高等学校名誉校長も努め、「女性である前にまず人間であれ」の言を残す。
 昭和初年のプロレタリア文学が流行した時代には、社会進歩の活動のなかにあった非人間的な行動を追及した『真知子』を発表する一方で、思想と行動について悩む青年に焦点をあてた「若い息子」「哀しき少年」などを書き、また戦争への傾斜の時期には時流を批判した『黒い行列』(戦後、大幅に加筆して長編『迷路』に発展させる)と、良識ある知識階級の立場からの批判的リアリズムの文学を多く生み出した。中条(宮本)百合子や湯浅芳子とも交友をもち、『真知子』は、百合子の『伸子』を意識して書いた作品であるといわれ、1920年代の女性の生き方を描いた作品として日本文学に大きな位置を占めている。第二次世界大戦勃発の時期にはちょうど夫とともにヨーロッパに滞在しており、その前後の紀行文『欧米の旅』は、この時期の激動の証言として価値が高い。
 ……

|

« 四国、よいとこ 666 国民学校の音楽の時間 三十八時間目 女子にも戦争にいけと…。 | トップページ | 四国、よいとこ 668 国民学校の音楽の時間 四十時間目 「汝(なれ)を股肱(ここう)とのたまひし…」。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/10844840

この記事へのトラックバック一覧です: 四国、よいとこ 667 国民学校の音楽の時間 三十九時間目 「をの子らをいくさの庭に 遠くやり 心勇む」。:

« 四国、よいとこ 666 国民学校の音楽の時間 三十八時間目 女子にも戦争にいけと…。 | トップページ | 四国、よいとこ 668 国民学校の音楽の時間 四十時間目 「汝(なれ)を股肱(ここう)とのたまひし…」。 »