« 四国、よいとこ 665 画家・岡本太郎さんの「殺すな」。 | トップページ | 四国、よいとこ 667 国民学校の音楽の時間 三十九時間目 「をの子らをいくさの庭に 遠くやり 心勇む」。 »

2006.07.08

四国、よいとこ 666 国民学校の音楽の時間 三十八時間目 女子にも戦争にいけと…。

 二〇〇六年七月七日。

 『初等科音楽 三』です。

 女子にも戦争にいけと迫りました。
 従軍看護婦になれというのです。

 一 白衣の勤め、をとめにあれど
   軍(いくさ)の庭にををしく出でて、
   勇士まもらん 御国のために。

 二 御楯(みたて)とたちてたたかふ軍、
   痛まし、君が深手をみとり、
   巻くは白たへ 真心こめて。

 三 敵(かたき)にあれど、重手と見れば、
   いたはる心に二つはあらず
   見よや 日本の十字の赤さ。

 四 病院船は勇士を送り
   故国の山河、近づく日々も、
   みとる誠(まこと)のただ一すぢに。

|

« 四国、よいとこ 665 画家・岡本太郎さんの「殺すな」。 | トップページ | 四国、よいとこ 667 国民学校の音楽の時間 三十九時間目 「をの子らをいくさの庭に 遠くやり 心勇む」。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/10844681

この記事へのトラックバック一覧です: 四国、よいとこ 666 国民学校の音楽の時間 三十八時間目 女子にも戦争にいけと…。:

« 四国、よいとこ 665 画家・岡本太郎さんの「殺すな」。 | トップページ | 四国、よいとこ 667 国民学校の音楽の時間 三十九時間目 「をの子らをいくさの庭に 遠くやり 心勇む」。 »