« 四国、よいとこ 693 高知市 東京の妻からの「某日某時、熊本空港にきなさい」の手紙。 | トップページ | 四国、よいとこ 695 高知市、松山市 高速バスは夢の中いく。 »

2006.08.08

四国、よいとこ 694 みなさん。元気ですか。暑中お見舞い申し上げます。 

 二〇〇六年八月八日。

 熱風が体に吹きつけてくる夏です。
 いま出張から帰ってきたばかりですが、いっていた先も猛烈な暑さでした。
 みなさん。暑中お見舞い申し上げます。
 この間、韓国、カナダや北海道に移り住んだかたも元気ですか。

 東京から高知にやってきて一年、最近、反省することが多い毎日です。

 ● 世の中でどんなことがおころうとしていて、どんなことが起きているかをキャッチする力が弱くなっているということです。
 本日もメーラーを開けたら三十通くらいメールがきていましたが、広告が圧倒的で、「うれしいお便り」は、東京都のIさんからの一通だけでした。Iさん、優しいお便りありがとうございました。多くのかたと「ひんぱんにメールをいただける関係」を築いていかなければと痛感しています。

 ● 引き続き現場にいくことを重視して走っています。しかし、最近気になっているのは一つひとつの仕事を仕上げる速度が遅くなっていることです。
 あまり、「うーん」と考え込まないで、「『仕事』と対じし、一気にやってのける」。その迫力を持ちたいと思っています。

 ● 暮らしでは、「洗濯以外の家事は『ほとんど』パス」「食事も不規則だし短時間」という状態におちいっていることです。
 掃除、食事づくりなども復活し、独り暮らしなら独り暮らしなりの「生活」をつくっていきたいものだ思うきょうこのごろです。妻も東京で独りでがんばっているようですし……。

 以下、このブログに書き込んできた、最近の「心境」、最近の短歌です。

 そんなこと 進行してたか
 後で知り
 ボロアンテナを 直しにかかる

 締め切りに 助けてもらい 仕事する
 ゴールに向かって
 きょうも スタート

 「現場には 真実がある」
 そう信じ
 歩いてきたよ 靴はヘタヘタ

 「なんだかねー 違うんだよねー」
 そうだろな
 わかっているが 表現できない

 前向きに 変わる一瞬
 その「ゆげ」を とらえてみたいな
 なしえてないが

 次々と 数十枚を 削除して
 五枚残った
 デジカメデータ

 わが仕事
 「優しくていい」 声あって
 心うきうき あすも歩こう

 「生活の 常識がない」 批判あり
 許せ、僕にも
 いいとこはある

 自転車で 走って帰り
 水風呂に 飛び込むたびに
 湯気が立つよう

 夜八時 さあ、これからが 洗濯だ
 乾くだろうか
 予報を見てる

 喜びを うたってみたい 夜のこと
 カシャ、カシャ、カシャも
 軽やかである

 パソコンの 画面に刻む 文字群が
 五、七、五…の
 リズム生む時

 離れ住む 妻への不満も 短歌(うた)にして
 一つ、二つと
 たくわえている

 言の葉の
 一つひとつを つむぐ日々
 短歌(うた)詠む時に 心は開く

 短歌(うた)詠めば
 新たなる風 わきおこる
 日々の暮らしに 世界の明日に

 一日に 「やれること」など 少なくて
 零時を過ぎて
 パソコンをおく

 おそろいの 赤いメットを 買いにいこ
 六十前の
 タンデム(オートバイの二人乗り)の旅
 (これは、これからです)

|

« 四国、よいとこ 693 高知市 東京の妻からの「某日某時、熊本空港にきなさい」の手紙。 | トップページ | 四国、よいとこ 695 高知市、松山市 高速バスは夢の中いく。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/11341515

この記事へのトラックバック一覧です: 四国、よいとこ 694 みなさん。元気ですか。暑中お見舞い申し上げます。 :

« 四国、よいとこ 693 高知市 東京の妻からの「某日某時、熊本空港にきなさい」の手紙。 | トップページ | 四国、よいとこ 695 高知市、松山市 高速バスは夢の中いく。 »