« 四国、よいとこ 757 いま、バイクです その二十 大分県別府市 街は湯煙がいっぱい。 | トップページ | 四国、よいとこ 759 いま、バイクです その二十二 与謝野晶子さんの「滿洲の荒野も今は 大君の御旗のもと」という詩。 »

2006.08.28

四国、よいとこ 758 いま、バイクです その二十一 与謝野晶子さんの「我れの此歌も、破壊筒をば抱きながら鉄条網にわしり寄り 投ぐる心に通へかし」。

 二〇〇六年八月二十八日。

 与謝野晶子さんのことが夢にまで出てきますので、追加を書いておきます。

 まず、一九三二年の詩です。
 この年一月二十八日、関東軍の謀略で上海事変おこします。
 日本海軍陸戦隊の兵力は約二千人と第十九路軍とのたたかいになりました。
 日本軍は苦戦を強いられました。
 陸軍中央部は白川義則大将を司令官とする上海派遣軍を増援しました。金沢の第九師団と久留米の第十二師団より編成した混成旅団の総兵力は約一万七千人にのぼりました。
 二月二十日から二十五日まで、日本軍は上海市北郊の大場鎮、江湾鎮方面で第十九路軍に総攻撃をかけました。
 しかし、市街地に塹壕を築き、鉄条網を幾重にも張りめぐらせ自動小銃で抵抗する第十九路軍の猛攻で、日本軍は死傷者が続出しました。
 こうした背景のもと「爆弾三勇士」の物語が出現します。
 二月二十四日、日本の商業紙は、いっせいに「爆弾三勇士」の記事を掲載しました。
 東京朝日、「〝帝国万歳″を叫んで我身は木端微塵、三工兵点火せる爆弾を抱き、鉄条網に躍りこむ」。
 大阪朝日、「これぞ真の肉弾! 壮烈無比の爆死、志願して爆弾を身につけ鉄条網を破壊した三勇士」。
 大阪毎日、「肉弾で鉄条網を撃破す、点火した爆弾を身につけ、躍進した三人の一等兵、忠烈まさに粉骨破身」。
 東京日日、「世界比ありやこの気塊、点火爆弾を抱き鉄条網を爆破
す、廟行鎮攻撃の三勇士」。
 国家、マスコミ一体となった「爆弾三勇士」づくりが始まりました。
 朝日、毎日は、二月二十八日、それぞれ「肉弾三勇士の歌」、「爆弾三勇士の歌」を懸賞募集する社告を出しました。
 この歌は三月十五日に朝日、毎日にに入選作が発表されました。
 毎日の「爆弾三勇士の歌」には与謝野晶子の夫、与謝野寛の作品が選ばれました。

 一、廟行鏡の敵の陣
   我れの友隊すでに攻む
   折から凍る二月の
   二十二日の午前五時
 二、命令下る、正面に
   開け、歩兵の突撃路
   装置の間なし、点火して
   破壊筒をば抱き行け
 三、答へて「はい」と工兵の
   作江、北川、江下ら
   凍たる心三人が
   思ふことこそ一つなれ
 四、我等が上に戴くは
   天皇陛下の大御稜威
   後ろに負ふは国民の
   意志に代れる重き任

 与謝野晶子さんは、以前紹介した「紅顔の死」につづく作品で「日本国民 朝の歌」(一九三二年六月『日本国民』別巻「日本女性」)で、この「爆弾三勇士」にふれています。

 ああ大御代の凜凜しさよ、
 人の心は目醒めたり。
 責任感に燃ゆる世ぞ、
 「誠」一つに励む世ぞ。

 空疎の議論こゑを絶ち、
 妥協、惰弱の夢破る。
 正しき方(かた)に行くを知り、
 百の苦難に突撃す。

 身は一兵士、しかれども、
 破壊筒をば抱く時は、
 鉄条網に躍り入り、
 実にその身を粉(こ)と成せり。

 身は一少佐、しかれども、
 敵のなさけに安んぜず、
 花より清く身を散らし、
 武士の名誉を生かせたり。

 其等の人に限らんや、
 同じ心の烈士たち、
 わが皇軍の行く所、
 北と南に奮ひ起つ。

 わづかに是れは一(いつ)の例。
 われら銃後の民もまた、
 おのおの励む業(わざ)の為め、
 自己の勇気を幾倍す。

 武人にあらぬ国民も、
 尖る心に血を流し、
 命を断えず小刻みに
 国に尽すは変り無し。

 たとへば我れの此歌も、
 破壊筒をば抱きながら
 鉄条網にわしり寄り
 投ぐる心に通へかし。

 無力の女われさへも
 かくの如くに思ふなり。
 況(いはん)やすべて秀でたる
 父祖の美風を継げる民。

 ああ大御代の凜凜しさよ、
 人の心は目醒めたり。
 責任感に燃ゆる世ぞ、
 「誠」一つに励む世ぞ。

 「たとへば我れの此歌も、 破壊筒をば抱きながら 鉄条網にわしり寄り 投ぐる心に通へかし。」ですか、うーん、ここまでいくとは…。

|

« 四国、よいとこ 757 いま、バイクです その二十 大分県別府市 街は湯煙がいっぱい。 | トップページ | 四国、よいとこ 759 いま、バイクです その二十二 与謝野晶子さんの「滿洲の荒野も今は 大君の御旗のもと」という詩。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/11643276

この記事へのトラックバック一覧です: 四国、よいとこ 758 いま、バイクです その二十一 与謝野晶子さんの「我れの此歌も、破壊筒をば抱きながら鉄条網にわしり寄り 投ぐる心に通へかし」。:

« 四国、よいとこ 757 いま、バイクです その二十 大分県別府市 街は湯煙がいっぱい。 | トップページ | 四国、よいとこ 759 いま、バイクです その二十二 与謝野晶子さんの「滿洲の荒野も今は 大君の御旗のもと」という詩。 »