« 四国、よいとこ 682 小説『僕が彼女を好きになったわけ』 七 一年生の樋口伸子の「出現」。 | トップページ | 四国、よいとこ 684 香川県高松市 朝の栗林公園。 »

2006.08.03

四国、よいとこ 683 「お疲れ様でした」か「御苦労様でした」か。

 二〇〇六年八月三日。

 言葉って難しいですね。
 文化庁のホームページに載っていた「平成17年度『国語に関する世論調査』の結果について」が話題になりました。
 今年七月二十六日の文書です。

 ● 仕事が終わったときに、どのような言葉を掛けるか。

 「お疲れ様(でした)」
 「御苦労様(でした)」

 ● 外部の人の前で、自分の職場の人を何と呼ぶか。

 「鈴木は…」
  「課長の鈴木は…」
 「鈴木課長は…」

 ● 会社へのあて名の敬称は何と書くか。

  「御中」
 「様」
 「行」
 「殿」

 ● どちらの言い方を使うか。

 ☆「あいそ(う)を振りまく」 「あいきょうを振りまく」 ○

 ☆「怒り心頭に発する」 ○ 「怒り心頭に達する」

 ☆「腹に据えかねる」 ○ 「肝に据えかねる」

 ☆「言葉を濁す」 ○ 「口を濁す」

 ● 気になる言い方。

 ☆「うそをついてあとで後悔した」

 ☆「早起きして行ったのに、順番を一番最後にされた」

 ☆「今年の元旦(がんたん)の夜は、みんなで初もうでに行こうよ

 ☆「その方法は、従来から行われていたやり方だ」

 ☆「美術館建設の候補地として、この村に白羽の矢が当たった」 ○「立った」

 くわしくは、http://www.bunka.go.jp/new_fr4.htmlで。

|

« 四国、よいとこ 682 小説『僕が彼女を好きになったわけ』 七 一年生の樋口伸子の「出現」。 | トップページ | 四国、よいとこ 684 香川県高松市 朝の栗林公園。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/11241877

この記事へのトラックバック一覧です: 四国、よいとこ 683 「お疲れ様でした」か「御苦労様でした」か。:

« 四国、よいとこ 682 小説『僕が彼女を好きになったわけ』 七 一年生の樋口伸子の「出現」。 | トップページ | 四国、よいとこ 684 香川県高松市 朝の栗林公園。 »