« 四国、よいとこ 813 高知県津野町 高レベル放射能廃棄物最終処理場誘致に反対する人たちの講演会 超、超満員の三百人以上。 | トップページ | 四国、よいとこ 815 高知市 妻の両親の敬老を祝う会。 »

2006.09.17

四国、よいとこ 814 高知県津野町 高レベル放射能廃棄物最終処理場誘致に反対する歌ができていました。ショーン・バーゴインさんの歌です。

 二〇〇六年九月十七日。

 高知市の「高知街ラ・ラ・ラ音楽祭」にいきました。
 高知市内の街頭十二箇所で同時開催。
 その一つ、「ピースライブ」で、津野町に住んでいる男性が自作の高レベル放射能廃棄物最終処理場誘致に反対する歌をうたいました。
 すばらしい曲で、ぐっときました。

 追記

 ◎原発ゴミ処分場 「いらない」を歌で 地震の多い国では危険 高知県津野町のショーン・バーゴインさん

 フォークバンド「ベテランひげ」のボーカル、ショーン・バーゴインさん(38)=高知県津野町在住=が同町に原子力発電所ゴミ最終処分場(高レベル放射性廃棄物最終処分場)はきてほしくないという思いを曲にして歌い始めました。
 同処分場は、同町の町議たちが誘致しようとしているものです。
 「ベテランひげ」は、十七日の「高知街ラ・ラ・ラ音楽祭2006」の「ピースライブ」で演奏。ショーンさんは「うちの裏庭に核廃棄物の処理場をつくろうという計画があって、とんでもないと思っています。ほしくないやろう。そんな所。平和的にたたかいたいと思っています。みんなの力を貸してください」と語りかけて、「核廃棄物の処理場の近くに住みたい」を歌いました。
 「♪核廃棄物の処理場の近くに住みたい 魚釣りは、めちゃ楽 だって、魚はもう死んで川に浮いちゅう」
 「♪核廃棄物の処理場の近くに住みたい 草刈りは、もうせんでいい だって、なんちゃあ生えてこない……」
 ショーンさんは、十六年前から日本に。英会話教師をしています。
 「原子力発電は特に日本のような地震の多い国では危険性があると思います。廃棄物の始末もできにくいし。本当は原子力発電を使っている場合ではないのではありませんか。どの国でも太陽がありますから、それを利用した発電を使ったほうがいいのではないかと思っています。私の出身地、オーストラリアのビクトリア州には原子力発電所はありません」と、話しています。
(「しんぶん赤旗」 2006年9月21日付)

|

« 四国、よいとこ 813 高知県津野町 高レベル放射能廃棄物最終処理場誘致に反対する人たちの講演会 超、超満員の三百人以上。 | トップページ | 四国、よいとこ 815 高知市 妻の両親の敬老を祝う会。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/11933926

この記事へのトラックバック一覧です: 四国、よいとこ 814 高知県津野町 高レベル放射能廃棄物最終処理場誘致に反対する歌ができていました。ショーン・バーゴインさんの歌です。:

« 四国、よいとこ 813 高知県津野町 高レベル放射能廃棄物最終処理場誘致に反対する人たちの講演会 超、超満員の三百人以上。 | トップページ | 四国、よいとこ 815 高知市 妻の両親の敬老を祝う会。 »