« 四国、よいとこ 880 高知市 わいわい、ひろめ市場の「新高なしジュース」。 | トップページ | 四国、よいとこ 882 高知市 わが家の二畳の庭のサツマイモ。 »

2006.10.15

四国、よいとこ 881 高知県いの町 弟の田畑をカメムシが攻撃。うーん。

 二〇〇六年十月十五日。

 十五日夜、高知県いの町の弟が彼がつくったニラ、ダイコンの葉、サトイモ、ナスを持ってきました。
 僕が買ってきた牛肉と一緒に料理して食べています。
 
 弟の耕作している田畑は、カメムシの攻撃にあっているそうです。
 稲、ナス、ダイズ……攻撃して実の汁を吸い取るとのことです。

 カメムシは、その本能のまま生きているのでしょうが、「人間様」は、大ごまり……。


   カメムシ   フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から。


 カメムシは、カメムシ目(半翅目)・カメムシ亜目(異翅亜目)に属する昆虫のうち、カメムシ科など陸生昆虫の総称である。悪臭を放つことで知られる。その為、「クサムシ」という俗称がある。また、標準和名をカメムシというものはいない。

 カメムシの名で呼ばれる昆虫にはいくつもの科があるが、もっとも標準的なのはカメムシ科のものであろう。ナガメカメムシ、アオクサカメムシなど、よく目につく種が多数所属している。

 頭は先端が尖った三角形、前胸は左右に張り、羽根に覆われた胴体は後ろすぼみになっているので、全体はおおよそ五角形の底を引き伸ばしたような形になる。背中が平らで、甲羅に覆われたような感じになっているのが亀を思わせるということで、カメムシの名があるらしい。

 頭部は三角で、細長い触角がある。複眼は頭部の基部の左右に突き出ている。前胸は左右に張りだし、肩のように角をもつものが多い。そこから後方の胴体は羽根に覆われる。前羽根は基部の半ばまでは固く厚くなり、先だけが膜状になる。この羽根の先だけを左右を重ねるように、胴体の背面に折り重ねて畳む。左右の羽根の基部の間は、背中が三角に見えており、この部分は厚くなって、小楯板(しょうじゅんばん)と呼ばれる。後羽根は、前羽根の下に折り込まれる。

 口器は、ストローのような形で、頭の下側に折り込まれている。足は三対、特に特徴のない歩脚型のものが多い。ヘリカメ類には、後ろ足が太くて刺があったりといった発達が雄に見られる場合があり、雄同士のたたかいに使われると見られる。

 カメムシの卵は、円筒形で、上端が丸い蓋になり、片端に蝶番があるものが多い。孵化の時は、この蓋を押し開けるようにして、幼虫が出て来る。幼虫は、ほぼ成虫と同じ形で、模様が異なっており、蛹を経過せすに羽化する、いわゆる不完全変態である。

 カメムシといえば悪臭を放つ虫として知られているが、普段から臭いを出しているわけではない。おとなしく止まっているカメムシを驚かさないように、そっと臭いを嗅ぐことができれば、臭いがないことが分かる。しかし、うっかり驚かすと、大変な悪臭が出る。この臭いは、ちょっと説明のしにくい臭いで、カメムシ臭と呼ばれることもある。

 カメムシのこの悪臭は、胸部第三節である後胸の、腹面にある臭腺から分泌されるものである。敵の攻撃を受けると分泌され、捕食者に対しての防御であると考えられている。ただし、単に悪臭であれば我慢して食うものもあるだろう。カメムシをうっかり口にすると、大変な辛みを感じる。したがって、悪臭はそれを知らせる警戒の役割を担う可能性もある。強い刺激成分(トランス-2-ヘキセナール(CH3-(CH2)2-CH=CH-CHO)などのアルデヒド類)が含まれており、大発生をしたカメムシを片付ける際、一晩でバケツ数杯のカメムシを袋に入れる作業をした人は、指先の皮が黄色く染まって後で剥がれた例がある。

 他方、群れでいるカメムシの場合、1匹が臭いを発すると、たちまちのうちに周辺一帯のカメムシが逃げ出すのが見られる。つまり、カメムシの臭いは、仲間に対しては警報の役割を果たしている。

 ……カメムシの悪臭は、彼ら自身にとっても有害であるらしい。瓶の中にカメムシを入れ、つついて臭いを出させたあと、蓋を閉めておくと、死んでしまうことがある。

 カメムシ類は植食性のものが多く、葉や茎、果実などに口を差し込み、液を吸収する。草や木の上に暮らすものが多いが、地中で根につくものや、地表に生息し、落下した種子などから吸収するものもある。

 朽ち木に生息するものでは、菌類を餌にするものもあると見られるが、詳しいことはよく分かっていない。

 他の昆虫などを餌にする肉食性のものもある。サシガメはさまざまな昆虫を餌にし、一部には大型動物から吸血するものがある。クチブトカメムシ類は主としてイモムシなどのガ類の幼虫を攻撃する。

 ……クチブトカメムシ類は肉食と同時に植物からも吸汁するが、同様に肉食と草食の両刀使いの性質を示すものは多く、草食を主に肉食を交えるものとしてスコットカメムシやウシカメムシが知られている。またカスミカメムシ科には純肉食や肉食主体で草食を交えるものから草食主体で肉食を交えるものまで様々なバリエーションがある。

 多くのカメムシは餌のところに卵を産み、そのまま放置するが、ツノカメ類など、一部に雌が産卵後も卵を守る行動をするものが知られている。また、一つの卵塊から孵化した幼虫が、ある程度成長するまで集団で生活するものも見られる。他に、ヘリカメムシ類では、多数の雌の集団を一頭の雄が守る、ハーレムを作るものが知られている。そのような種では、雄の後ろ足が太く発達し、他の雄が近づくと、その足で蹴るようにして撃退しようとする。

 クヌギカメムシなどでは、集団で越冬するものが知られている。時に人家が越冬場所に選ばれると、たいていは住人は悪臭に悩まされることになる。漬物桶に一匹飛び込むと、もう使いものにならなくなるとか。

 植食性の種には、栽培植物につくものがあり、重要な農業上の害虫が多い。イネの害虫として知られているのはアオクサカメ、クロカメムシ、コバネヒョウタンナガカメなどがあり、葉や茎から汁を吸うほか、若い籾から汁を吸われると、米粒が茶色になる。ミカンなどの果樹にはクサギカメ、チャバネアオカメやツヤアオカメ、野菜にはナガメやホソヘリカメ、ホオヅキヘリカメなどがつく。

 他方、肉食の種には害虫を食うものもあり、益虫とされるものもある。ハナカメムシ類は、せいぜい2mm程度の小型のカメムシで、アブラムシやアザミウマなどを捕食するので、害虫防除に天敵として利用されている。

 サシガメ類は肉食なので、益虫に扱われることもあるが、人間が不用意に触ると刺すことがあり、刺されると大変な痛みを伴う。ハチよりひどいくらいである。多くは野外の草の間や地面にいるので、出会う機会は少ないが、一部は室内に昆虫を漁りにくるものがあり、その機会に刺される場合がある。吸血性の種は衛生害虫であり、病気を媒介することもある。

 悪臭を放つのは触らなければいいだけであるが、夜間に明かりに向かって飛んでくるので、出くわすこともある。また、集団越冬に人家にはいることのある種があり、トラブルの元となる。1990年頃から、南日本でアオカメ類を中心とする大発生が数度にわたってあり、農業被害とともに、人家に大量に飛び込むことがあった。

|

« 四国、よいとこ 880 高知市 わいわい、ひろめ市場の「新高なしジュース」。 | トップページ | 四国、よいとこ 882 高知市 わが家の二畳の庭のサツマイモ。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/12295269

この記事へのトラックバック一覧です: 四国、よいとこ 881 高知県いの町 弟の田畑をカメムシが攻撃。うーん。:

« 四国、よいとこ 880 高知市 わいわい、ひろめ市場の「新高なしジュース」。 | トップページ | 四国、よいとこ 882 高知市 わが家の二畳の庭のサツマイモ。 »