« 四国、よいとこ 878 北川悦吏子さんのテレビドラマ「たった一つの恋」。やっぱり、せりふが、すごい。 | トップページ | 四国、よいとこ 880 高知市 わいわい、ひろめ市場の「新高なしジュース」。 »

2006.10.15

四国、よいとこ 879 高知県 高知新聞朝刊の原子力発電環境整備機構の高レベル放射性廃棄物最終処分候補地を公募中の政治広告。

20061015_1_023_1


 二〇〇六年十月十五日。

 高知新聞が、この日の朝刊の十三面にカラーの五段全幅の「政治広告」を載せました(写真は、その一部です)。
 いま高知県の各地に出没している原子力発電環境整備機構(原環機構。自分では「ニューモ」と呼んでくださいといっています)の宣伝でした。
 「ニューモは いま、高レベル放射性廃棄物を安全・確実に処分するため、最終処分候補地を全国の市町村から公募しています。」

 高知県では津野町に続き、東洋町に、この施設の誘致問題が浮上しています。
 この日の「しんぶん赤旗」が四面の特集「〝核のゴミ捨て場〟 カネで建設迫る」や地方版で、高知県への通商産業省や原環機構の攻勢、その問題点を伝えています。
 以下、その記事から。

 ● 高レベル放射性廃棄物は、原子力発電所で使い終わった核燃料からプルトニウムなどを取り出す再処理の際に発生する放射性の強いゴミです。放射能が問題ないレベルまで低下するりに数万年かかるとされています。
 ● このゴミを安全に処理する技術は確立されていません。
 ● 経済産業省、原子力発電環境整備機構は、「地層処分」を計画しています。
 同施設は全国に一つです。
 処理するのは「できたてのころに一㍍の所に近づけば十五秒、二十秒で致死量に達する放射線を浴びる」(経済産業省資源エネルギー庁放射性廃棄物等対策室の吉野恭司室長)という高レベル放射性廃棄物のガラス固化体(外径約四十㌢㍍、高さ約一・三㍍)です。
 地下三百㍍より深い所に約二百㌔㍍のトンネルを掘り、そこに約四万本のガラス固化体を青森県六ヶ所村の貯蔵センターから運んで埋めるといいます。
 同処分場は、操業約五十年間で封鎖されます。原環機構は、その後は管理しません。埋めたまま去ってしまうのです。
 ● 何万年も腐食したり割れたりしない材料など考えられません。漏れ出した放射能が地下水を汚染する心配が指摘されています。
 ● 日本は世界有数の地震・火山国です。原環機構は、地震を起こす活断層はわかっていることを前提に、その場所を避けるから大丈夫だと説明しています。しかし、現に、活断層の存在が知られていなかった所で大地震が発生しています。
 ● 原環機構は、誘致のために汚い手も使ってきました。津野町民百五十人以上をを青森県六ヶ所村の核施設への「二泊三日、七千円の視察旅行」に招待しました。普通なら十万円以上はする旅行です。
 ● 十月十一日、東洋町は経済産業省、原環機構の幹部を講師に「勉強会」(九十六人参加)を開きました。会場からは「気になったのは危険性について、あまり触れられてなかったことです。埋めてすぐに放射能が漏れました。地下水に流れ込みました。そういう最悪の事態の話もしてください」「(同施設受け入れの)公募から四年たっているのに誰も手をあげていないという事実は非常に重い」という意見が出ました。

 長々と書きましたが、この問題に誘致をの立場で割り込んだのが、この日の高知新聞の政治広告です。

 今後、この新聞が、この問題をどう報道するのか注目していきたい。

|

« 四国、よいとこ 878 北川悦吏子さんのテレビドラマ「たった一つの恋」。やっぱり、せりふが、すごい。 | トップページ | 四国、よいとこ 880 高知市 わいわい、ひろめ市場の「新高なしジュース」。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/12290342

この記事へのトラックバック一覧です: 四国、よいとこ 879 高知県 高知新聞朝刊の原子力発電環境整備機構の高レベル放射性廃棄物最終処分候補地を公募中の政治広告。:

« 四国、よいとこ 878 北川悦吏子さんのテレビドラマ「たった一つの恋」。やっぱり、せりふが、すごい。 | トップページ | 四国、よいとこ 880 高知市 わいわい、ひろめ市場の「新高なしジュース」。 »