« 四国、よいとこ 1014 徳島県  先輩のNAさんが屋根から落ちて徳島県のA病院に入院中との知らせ。 | トップページ | 四国、よいとこ 1016 十ページの短編小説、山川方夫さんの「夏の葬列」の力。 »

2006.11.28

四国、よいとこ 1015 日本語の句読点の「発見」。いつから、どのようにして…。

 二〇〇六年十一月二十七日。

 広島市で仲間たちと話していて「日本語の昔の文章には句読点はなかったのではないか」という話がでました。

 万葉仮名の時代。漢文的な文字の時代。漢字と平仮名の時代。……どんなふうに日本語の文章表現は変化、発展していったでしょうか。
 その中で、句読点は、いつごろから、どういうふうに生まれたのでしょうか。
 少し注意して過去の文章の原文にあたってみたいと思っています。

 僕は、句読点大好き。
 非常に便利な記号だと思っています。

|

« 四国、よいとこ 1014 徳島県  先輩のNAさんが屋根から落ちて徳島県のA病院に入院中との知らせ。 | トップページ | 四国、よいとこ 1016 十ページの短編小説、山川方夫さんの「夏の葬列」の力。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/12854331

この記事へのトラックバック一覧です: 四国、よいとこ 1015 日本語の句読点の「発見」。いつから、どのようにして…。:

« 四国、よいとこ 1014 徳島県  先輩のNAさんが屋根から落ちて徳島県のA病院に入院中との知らせ。 | トップページ | 四国、よいとこ 1016 十ページの短編小説、山川方夫さんの「夏の葬列」の力。 »