« 四国、よいとこ 925 高知市 ついに、やつらと、たたかいぬく決意をしました。 | トップページ | 四国、よいとこ 927 高知県  「ぞーもむ」は「臓揉む」? »

2006.11.03

四国、よいとこ 926 愛媛県 「老いにおぼれず老いにあまえず、……」。吉田みのるさんの短歌選評。

 二〇〇六年十一月三日。

 愛媛新聞の「文芸」の「短歌」の選者・吉田みのるさんの選評が楽しみです。
 十月二十四日には、こんな選評がありました。

 「高齢者の短歌で最も大切なことは、老いにおぼれず老いにあまえず、自分の言いたいことを率直に詠むことである。……」

 「短歌をあまり難しく考える必要はないようだ。見たことや思ったことを『自分の言葉で詠む』ことである。……」

 うーん、なかなかの言葉ですね。

|

« 四国、よいとこ 925 高知市 ついに、やつらと、たたかいぬく決意をしました。 | トップページ | 四国、よいとこ 927 高知県  「ぞーもむ」は「臓揉む」? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/12538067

この記事へのトラックバック一覧です: 四国、よいとこ 926 愛媛県 「老いにおぼれず老いにあまえず、……」。吉田みのるさんの短歌選評。:

« 四国、よいとこ 925 高知市 ついに、やつらと、たたかいぬく決意をしました。 | トップページ | 四国、よいとこ 927 高知県  「ぞーもむ」は「臓揉む」? »