« 四国、よいとこ 991 高知市 「いま、ちょうど彼女が窮地になっているの」。「チャングム」に負けた。 | トップページ | 四国、よいとこ 993 高知市 歌舞伎体操「いざやカブかん!」を見たよ。 »

2006.11.20

四国、よいとこ 992 高知市 「じょじょ屋」がありました。

 二〇〇六年十一月十九日。

 朝、高知市の商店街を歩いていたら「じょじょ屋」という看板がありました。
 履物屋さんでした。
 そういえば童謡「春よこい」(作詞・相馬御風さん。作曲・弘田龍太郎さん)に「じょじょ」という言葉が出てきましたね。

 春よこい 早くこい
 歩き始めたみいちゃんが
 赤いはなおのじょじょはいて
 おんもへ出たいと待っている

 「じょじょ」って「ぞうり」のことのようです。
 でも、僕は、この言葉は使ったことがありませんでした。

|

« 四国、よいとこ 991 高知市 「いま、ちょうど彼女が窮地になっているの」。「チャングム」に負けた。 | トップページ | 四国、よいとこ 993 高知市 歌舞伎体操「いざやカブかん!」を見たよ。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/12758745

この記事へのトラックバック一覧です: 四国、よいとこ 992 高知市 「じょじょ屋」がありました。:

« 四国、よいとこ 991 高知市 「いま、ちょうど彼女が窮地になっているの」。「チャングム」に負けた。 | トップページ | 四国、よいとこ 993 高知市 歌舞伎体操「いざやカブかん!」を見たよ。 »