« 四国、よいとこ 946 俳人・秋元不死男(あきもと・ふじお)さんは、どんな句を作って二年間獄につながれたのでしょうか。 | トップページ | 四国、よいとこ 948 高知市 「子らの手は きょうはポケット…」。 »

2006.11.06

四国、よいとこ 947 高知市 テレビドラマ「のだめ カンタービル」。 「純粋で、わき上がる個性」。

 二〇〇六年十一月六日。

 さんさんテレビ、午後九時からの「のだめ カンタービル」を見ています。
 
 「先輩」が、こたつに入ったことがないというのも面白い。
 こたつは、室町時代に登場したんですか。

 「のだめ」の愛情表現の率直さ、豊かさがいいね。
 この娘、うまい。

 「純粋で、わき上がる個性」

 終わって「見たーっ?」と、妻に電話。
 「見た」
 とのことです。
 そして、彼女がいうには、病院、形成外科にいっていたとのこと。
 「加齢によって首の三番目の椎間板がすり減って痛くなっている」
 と、いわれたとのこと。
 とほほほ……。

 きょうは息子の誕生日。
 妻はカードを送ったとのことです。
 僕も電話くらいは…。
 しかし、電話は通じません。
 で、彼は、いくつになったんだっけ。

|

« 四国、よいとこ 946 俳人・秋元不死男(あきもと・ふじお)さんは、どんな句を作って二年間獄につながれたのでしょうか。 | トップページ | 四国、よいとこ 948 高知市 「子らの手は きょうはポケット…」。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/12582249

この記事へのトラックバック一覧です: 四国、よいとこ 947 高知市 テレビドラマ「のだめ カンタービル」。 「純粋で、わき上がる個性」。:

« 四国、よいとこ 946 俳人・秋元不死男(あきもと・ふじお)さんは、どんな句を作って二年間獄につながれたのでしょうか。 | トップページ | 四国、よいとこ 948 高知市 「子らの手は きょうはポケット…」。 »