« 四国、よいとこ 1021 高知県 橋本大二郎知事の答弁。「教育基本法が示してきました理念に異論はありませんので、引き続きその実現に努力していくべきだと考えています」。 | トップページ | 四国、よいとこ 1023 高知市 「ワハハ」。東京の妻の、夜の携帯電話の声の明るさ。うれしい。 »

2006.11.30

四国、よいとこ 1022 高知県須崎市 教育基本法改悪問題での教育長の答弁。「国を愛する心は、人の心に自然な感情としてあるものであり、これを法制化し、強制することは不適切である」。

 二〇〇六年十一月三十日。

 各地方議会の教育基本法改悪問題での答弁の検索が続いています。

 高知県須崎市役所のホームページから。

 九月の市議会での高橋末秋議員の質問と教育長の答弁。

 教育基本法改正 今、行う必要があるのか

 【問】 愛国心を法律に書き込めば、強制力を伴って心の領域にまで踏み込み、内心の自由を侵すことにつながりかねない。教育は国の将来につながる重要な施策である。さまざまな分野の意見を聞き、公聴会を開くなど、丁寧な審議、謙虚さが必要ではないか。
 【答・教育長】 国を愛する心は、人の心に自然な感情としてあるものであり、これを法制化し、強制することは不適切である。教育基本法を改正することで、子どもたちを取り巻く社会状況が、すべて解決に向かうとは思わない。教育の憲法とも言える教育基本法の改正には、もっと幅広く国民の意見を聞く機会を設けるなど、慎重な態度が必要であり、国民的合意が前提であると考えている。

|

« 四国、よいとこ 1021 高知県 橋本大二郎知事の答弁。「教育基本法が示してきました理念に異論はありませんので、引き続きその実現に努力していくべきだと考えています」。 | トップページ | 四国、よいとこ 1023 高知市 「ワハハ」。東京の妻の、夜の携帯電話の声の明るさ。うれしい。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/12882288

この記事へのトラックバック一覧です: 四国、よいとこ 1022 高知県須崎市 教育基本法改悪問題での教育長の答弁。「国を愛する心は、人の心に自然な感情としてあるものであり、これを法制化し、強制することは不適切である」。:

« 四国、よいとこ 1021 高知県 橋本大二郎知事の答弁。「教育基本法が示してきました理念に異論はありませんので、引き続きその実現に努力していくべきだと考えています」。 | トップページ | 四国、よいとこ 1023 高知市 「ワハハ」。東京の妻の、夜の携帯電話の声の明るさ。うれしい。 »