« 四国、よいとこ 1073 晴れた日の川や海の一眼レフのデジタルカメラでの撮影。僕の悩み。 | トップページ | 四国、よいとこ 1075 「最後はいつも光差す方を向いていたい。ハッピーエンドの物語を今後も書きたい」。 »

2006.12.24

四国、よいとこ 1074 高知県 「奈路」という地名の意味は…。

 二〇〇六年十二月二十三日。

 義父の運転で弟と一緒に高知県春野町、高知市朝倉をまわりました。
 道々、義父が「県下に奈路という地名がたくさんある」といいだしました。
 「奈路は、どんな意味ですか」
 「山あいの平坦な地のことよね。
 平らなことを『なろい』というろう」
 長年、不動産鑑定士をやってきた義父は、こういうことに強い。

 家に帰ってインターネットで調べてみると、なるほど、県下、いろんな所にありました。
 「宿毛市立宿毛文教センター」のホームページには、その説明がしてありました。

 奥奈路(おくなろ)

 橋上長町に奥奈路という集落がある。奈路(奈呂)というのは、高知県や愛媛県で山麓の平坦地をいう言葉で、奈路のついた地名は県内いたる所である。
 ……明治二二年橋上村が成立するとともに、奥奈呂は大字名となり現在に至っている。

|

« 四国、よいとこ 1073 晴れた日の川や海の一眼レフのデジタルカメラでの撮影。僕の悩み。 | トップページ | 四国、よいとこ 1075 「最後はいつも光差す方を向いていたい。ハッピーエンドの物語を今後も書きたい」。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/13179635

この記事へのトラックバック一覧です: 四国、よいとこ 1074 高知県 「奈路」という地名の意味は…。:

« 四国、よいとこ 1073 晴れた日の川や海の一眼レフのデジタルカメラでの撮影。僕の悩み。 | トップページ | 四国、よいとこ 1075 「最後はいつも光差す方を向いていたい。ハッピーエンドの物語を今後も書きたい」。 »